iPSから心筋細胞シート、重症患者に移植…阪大初実施

Tech
iPSから心筋細胞シート、重症患者に移植…阪大初実施 : 医療・健康
大阪大は27日、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から心臓の筋肉細胞のシートを作り、重い心臓病患者に移植する世界初の治療を実施したと発表した。安全性や有効性を調べる治験で、3年間で計10人の患者に行い、5年以内の実用化

大阪大は27日、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から心臓の筋肉細胞のシートを作り、重い心臓病患者に移植する世界初の治療を実施したと発表した。安全性や有効性を調べる治験で、3年間で計10人の患者に行い、5年以内の実用化を目指す。

iPS細胞って、いわゆる万能細胞だから、ドットみたいな役割をしてて、どんな形にも変化できるのが最大の強みだと思う。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました