アメリカでインフルエンザ感染が拡大 入院患者は140,000人、死者は8,200人以上

Health
アメリカでインフルエンザ感染が拡大 入院患者は140,000人、死者は8,200人以上
アメリカでのインフルエンザ感染の1月18日付けの状況を疾病管理予防センター(CDC)が発表しています。それによると、2019-2020年シーズンのインフルエンザ感染者は1500万人以上、入院患者は140,000人、死者は8,200人以上と推定されています。これには子ども27人が含まれています。

アメリカでのインフルエンザ感染の1月18日付けの状況を疾病管理予防センター(CDC)が発表しています。それによると、2019-2020年シーズンのインフルエンザ感染者は1500万人以上、入院患者は140,000人、死者は8,200人以上と推定されています。これには子ども27人が含まれています。

インフルエンザって治るのに、なんで治さないんだろう?
発症してからじゃ遅いんだろうね。
高齢者が死にやすいのですごく怖いウィルスのひとつですよね

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました