日本人が知らないアジアのタックスヘイブン 【マレーシアのラブアン島】とは?

Opinion
日本人が知らないアジアのタックスヘイブン 【マレーシアのラブアン島】とは?
日本人が知らないアジアのタックスヘイブン=「マレーシアのラブアン島」について、そのアジア随一とも言える法人税率の優遇制度および、「ラブアン法人」と呼ばれるスペシャルな法人設立制度につい...

ビットコインでの所得に関しても、ラブアンは絶大な節税対策拠点となります。なぜなら、日本ではビットコインは雑所得に区分されるため累進課税の適用となり、所得が高い場合は、最高税率45%が適用される可能性があります。しかし、ラブアンではこれが非課税。大きなアドバンテージとなります。

余談ですが、ラブアンには消費税やたばこ税、酒税もないため、それら嗜好品も非常に安価に入手できます。

また、上記の調査対象となった海外工場を持つ834社の中で、過去1年間で製品や部材を国内生産に戻した企業の割合は11.8%。そのうちの68.1%が中国および香港からの回帰となっており、続くタイが8.5%、さらにインドネシアが4.3%という結果報告となっています。

これすごいですよね。
ラブアン島はそれこそ仮想通貨に対する姿勢がすごくしっかりしていて、事業展開が非常にしやすい特区の一つですね

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました