海外に詳しい人ほど、資産家になれる

Opinion

現在、日本では、5000万円以上の海外資産を持っている人は申告をしなければならない義務があります。金融資産だけじゃなく、不動産資産などもすべて含めて5000万円以上あれば、申告しなければならないのです。

しかし、この申告をしている人は、現在のところわずか8000人しかいないのです。

2016年末の世界的金融機関のクレディ・スイスの発表によると、日本には100万ドル以上の資産を持ついわゆる「ミリオネア」が286万人いるとされ、その中には海外に資産を移している人もかなりいると見られます。

海外資産の申請者8000人というのは0.3%以下であり、あまりに少なすぎます。

これはどういうことでしょうか?

資産をこっそり海外に持ち出し海外で運用している人が相当数いるのではないか、ということです。おそらく、申請者の数十倍、数百倍はいると思われます。

また昨今、話題になっているタックスヘイブンという税金が非常に安く、資産に関して高い機密性を採っている地域があります。主なところに、ケイマン諸島、ヴァージン諸島、香港、シンガポール、ルクセンブルグ、パナマなどがあります。

現在、世界中の大企業や富裕層は、法の抜け穴を衝いて、このタックスヘイブンを利用しています。

日本の富裕層も、かなりの人々がこれを利用していると見られています。

日本が貧しくなればなるほど、どんどん日本人富裕層の海外資産増えて行きますよ。
みなさん、海外に住みましょう!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました