米国版バイナンス、2月より仮想通貨のステーキングサービスを開始

Blockchain
米国版バイナンス、2月より仮想通貨のステーキングサービスを開始
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」は2月よりステーク報酬付与サービスを開始。最初は2銘柄に対応する予定だ。

Binance.USのステーキングサービス

バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」は2月よりステーキングサービスを開始する。最初に対応する予定の銘柄は、Cosmos(ATOM)とAlgorand(ALGO)の2つだ。

この2つの仮想通貨はBinance.USの上場銘柄でもある。本家バイナンスはすでに複数銘柄のステーキングに対応しているため、CEOのCatherine Coley氏は「ユーザーからの需要に応じてステーキングを開始する」と説明した。

米国の主要仮想通貨取引所では、CoinbaseやKrakenも同様なサービスを提供している。

また、日本でも国内取引所のコインチェックが今月より、Lisk(LSK)のステーキング運用サービス(β版)を始めた。取引と異なり、資産を仮想通貨取引所のウォレットに預けているだけでステーク報酬を得られるため、人気を博している

Binanceがやるからこそ意味がある。楽しそう

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました