NYダウ最高値、4日で1123ドル高 過度の肺炎警戒後退

Business
NYダウ最高値、4日で1123ドル高 過度の肺炎警戒後退
【ニューヨーク=大島有美子】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均が約3週間ぶりに過去最高値を更新した。終値は前日比88ドル高の2万9379ドルだった。投資家の間で新型肺炎への過度の警戒が和らぎ、今

【ニューヨーク=大島有美子】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均が約3週間ぶりに過去最高値を更新した。終値は前日比88ドル高の2万9379ドルだった。投資家の間で新型肺炎への過度の警戒が和らぎ、今週初の3日から4日連続で株価が続伸した。4日間の上昇幅は1123ドルに達した。

前回ダウ平均が最高値を付けた1月17日(2万9348ドル)以降、新型肺炎の感染が中国を中心に世界に広がった。感染がどこまで拡大するのかが読めず、1月末にかけて世界で株価が大きく下落した。だが、各国は感染防止策を強化。感染者が死亡する比率は重症急性呼吸器症候群(SARS)より低く、不安が徐々に解消されている。

株式市場って先行指数だから、中国の新型コロナウイルスは、アメリカにとってはプラスに働くと市場は評価している。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました