いかに生命は「無秩序」な状態から生まれ、進化するのか?

Science
いかに生命は「無秩序」な状態から生まれ、進化するのか?
果たして生物は、混沌とした世界のどこから、どのように生まれ、進化してきたのか。この根源的な問いに、生物学と物理学の両面から、サイエンス誌『Quanta Magazine』が挑んだ。

進化は「機会」と「ランダム性」に依存し、自然淘汰は「意志」と「目的」を露わにする。動物は磁力に引き寄せられるのではなく、生存本能によって水場に引き寄せられる。体の中でもとりわけ脚は、われわれを水辺へと連れ出す目的にかなっている。

マイヤーは、こうした特徴が生物学を非凡なものにしていると主張した。それ自体が法則となり得るからである。しかし近年の非平衡物理学や複雑系科学、そして情報理論の発展は、その見解に挑戦を突きつけた。

一度、生物たるものを「予測できない環境で情報を収集保存する媒介」として捉えた場合、複製、適応、媒介、目的、意義が、進化論的な即応の産物ではなく、紛れもない物理的法則の結果として浮かび上がってくる。言い換えると、物質の働きに関する物理学と、働かせるために進化を促す物理学があるように見えてくるのだ。生体系の定義だと思われていた意義と意図──それらは熱力学的法則と統計力学の狭間から、自然と浮かび上がってくるものなのかもしれない。

生命や遺伝子などは確率・統計的な要素が含まれている。数学など一見ビジネスとはまったく関係ない分野に興味を広げることも周り周って役に立つことがある。あのgoogleの親会社のアルファベットやAmazonがサイエンスや医療分野に莫大な投資をしていますよね。。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました