新型コロナウイルスの流行で、中国では無人技術や遠隔技術の社会適用が加速

Tech
新型コロナウイルスの流行で、中国では無人技術や遠隔技術の社会適用が加速
AI とロボティクスの話になると、楽観主義者が現れ、そして懐疑論者も現れる。AI と自動運転の分野を担当する筆者は、人々に無人ソリューションを採用するよう説得するのに手を焼いてきた。彼らは、「まだだいぶ先のこと」と言い、「とにかく自律型ドローンのユースケースは何ですか?」と尋ねてくる。 新型コロナウイルスの発生が国際的...
JD(京東)の無人配送車
Image credit: JD(京東)

AI とロボティクスの話になると、楽観主義者が現れ、そして懐疑論者も現れる。AI と自動運転の分野を担当する筆者は、人々に無人ソリューションを採用するよう説得するのに手を焼いてきた。彼らは、「まだだいぶ先のこと」と言い、「とにかく自律型ドローンのユースケースは何ですか?」と尋ねてくる。

新型コロナウイルスの発生が国際的な危機になった今、中国のテクノロジー産業は、人と人との間のやりとりを回避するための解決策を見つけることに独創的になりつつある。これまで「役に立たなかった:あるいは「まだだいぶ先のこと」だったテクノロジーは突然、ユースケースを見つけることとなった。

第一次世界大戦、第二次世界大戦を通じて、新しい技術が本格的に社会に利用され始めた。ある意味、コロナウイルスも中国にとって新しい技術を社会に広める好機と言えるかもしれない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました