太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える――人工光合成向けの触媒を開発

Science
太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える――人工光合成向けの触媒を開発 | fabcross for エンジニア
太陽光を用いて二酸化炭素を天然ガスの主成分であるメタンに変換する、人工光合成のための新しい触媒が開発された。この研究はミシガン大学、マギル大学、マックマスター大学が共同で行ったもので、2020年1月3日、『Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載された。

太陽光を用いて二酸化炭素を天然ガスの主成分であるメタンに変換する、人工光合成のための新しい触媒が開発された。この研究はミシガン大学、マギル大学、マックマスター大学が共同で行ったもので、2020年1月3日、『Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載された。

この手の発表は多いけれど、最終的にには、効率性とコストの問題に行きつく。原価がほとんどゼロで地中から湧いてくる原油をくみ上げるのが一番効率がいいからだ。ただ、注目する必要もある。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました