根路銘国昭先生。ウイルスのトゲを壊せ!窓を全開して換気が大事。

Health
根路銘国昭先生。ウイルスのトゲを壊せ!窓を全開して換気が大事。 | Bookservice.JP -Rinkaku-
根路銘 国昭(ねろめくにあき)って誰? 新型肺炎コロナウイルスの感染が世界中に蔓延しだした。日本でもクルーズ船、屋形船、観光バス、病院などで感染が拡大しており余談が許されない状態だ...

沖縄県国頭郡本部町出身の獣医ウイルス学者。獣医学博士。現在、生物資源利用研究所の代表取締役。スペインかぜのルーツを解明するなど、インフルエンザウイルス研究及びワクチン開発の第一人者。

根路銘先生はWHOの要請でベトナムに入り、SARSを封じ込めた要因を掴んだ人です。

2003年香港で拡散が始まったSARSですが、世界で一番最初にベトナムが集結しました。

そこで、コロナウイルスが空気に弱いことを掴んだのが先生です。

その先生が今回のコロナウイルスについてインタビューに、こう答えています。一部抜粋。

・インフルエンザウイルスが横綱なら、新型コロナウイルスはせいぜい関脇。
・クルーズ船は窓を開け放つべきだ。
・テレビで4月、5月にさらに感染が広がるおそれがあると発言している人がいて唖然としました。コロナウイルスは気温が上がると生きていけないんです
※岡田晴恵(オカダハルエ)白鴎大学、特任教授が4.5月がピークとコメントしてました。
・コロナウイルスは壊れやすいので、1%の界面活性剤を噴霧するだけで殺せます。特別な消毒剤がなくても、水にごくごくわずかな家庭用の洗剤や石けんを溶かしたもの使うのでも効果があります。また手洗いでは、水だけで洗うのでは十分ではないので、石けんを使うことです。石けんはウイルスを作っている膜を溶かしますから。
etc…

コロナウイルスは、①換気、②界面活性剤、③気温の高いところに弱いとのこと

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました