素材は大腸菌。空気中の湿気で発電するフィルムが開発される

Science
素材は大腸菌。空気中の湿気で発電するフィルムが開発される
これからは空気発電の時代が来る!? マサチューセッツ大学アマースト校が、乾燥地帯でも極薄のフィルムに付着した湿気から、発電する技術「Air-gen...

将来の展望

たとえば、スマートフォンやスマートウォッチといった小型デバイスに埋め込まれたら有り難いですよね。研究者たちの究極的な希望は、屋根に設置する太陽光パネルくらい家屋の電力を賄ったり、発電所くらい大規模な施設から電力を供給することも視野に入れているのだそうです。

川底にいた微生物をヒントに、お腹にいる大腸菌に発電させようだなんて、目の付け所がシャープ過ぎます。もしこれが実現すれば充電器が不要になりますし、俗に言う「電力の自由化」とやらが、文字通り正真正銘の“自由”になりそうで期待大。梅雨時に売るほど発電できたらサイコーですね。

この手の情報は発表されるのですが、あまり商用化までいった例は少ないです。是非、実用化してほしいですね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました