0.3mmの血管を縫合できる超微小外科ロボ「MUSA」が最初の臨床試験を通過

Health
0.3mmの血管を縫合できる超微小外科ロボ「MUSA」が最初の臨床試験を通過
たった0.3mmの血管をつなぐことができる外科手術用ロボット「MUSA」の臨床試験が行なわれ、大きな話題となりました。Natureに掲載された、オ...

たった0.3mmの血管をつなぐことができる外科手術用ロボット「MUSA」の臨床試験が行なわれ、大きな話題となりました。

Natureに掲載された、オランダのマーストリヒト大学医療センターのTom van Mulken氏らの論文によると、MUSAはスーパーマイクロサージャリー(超微小手術)を用いた再建術用のロボット・システムで、0.3mmから0.8mmの太さの血管を吻合を可能なのだとか。

新型コロナウイルスは、既存の医療システムの見直しと、医療革命を起こすと思われる。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました