物体にデータをエンコードできる「モノのDNA」の時代が、小さなウサギのフィギュアから始まった

Science
物体にデータをエンコードできる「モノのDNA」 どんなことに役立つか - ライブドアニュース
「物体にデータをエンコードできる「モノのDNA」の時代が、小さなウサギのフィギュアから始まった」の写真・リンク付きの記事はこちらヤニフ・エルリッヒはこの9カ月間、プラスティック製の小さな白いウサギをどこへ

「物体にデータをエンコードできる「モノのDNA」の時代が、小さなウサギのフィギュアから始まった」の写真・リンク付きの記事はこちら

ヤニフ・エルリッヒはこの9カ月間、プラスティック製の小さな白いウサギをどこへ行くときも持ち歩いている。イスラエルの個人向け遺伝子解析企業のMyHeritageで仕事をするときも、カンファレンスに出席するときも、空港にいるときも、海外に行くときもだ。

キンカンの実くらいの大きさのこのウサギは、おもちゃでもなければ、お守りでもない。ところが、このウサギの足を切ってみると、不思議なことが起こるだろう。DNAシーケンサーと3Dプリンターがあれば、ウサギから切り取ったパーツから、うりふたつのウサギを何羽もつくれるのだ。

IoTならぬ「DNA of Things」

ここでちょっと説明させてほしい。DNAは自然界の情報記憶媒体である。複数の特定の分子からなる配列を構成要素とするDNAによって、例えばバナナなどがつくられる。だが、DNAが異なる順序で配列されると、今度は720種類の性別がある粘菌などにもなる。

しかし、この配列はただのコードにすぎない。それはつまり、これにほかのものを“保存”することも可能であるということだ。

エルリッヒをはじめとする科学者たちは、しばらく前からDNAにデータを保存する研究を続けてきた。多くの企業も、DNAデータストレージの開発を進めている。とはいえ、DNAの特徴を活用できている者はまだいない。非常に小さく、情報密度が高いという特徴をもつDNAは、日用品の構造に埋め込むことも可能なのだ。

エルリッヒいわく、DNAを日用品に埋め込められるようになると、「モノのDNA(DNA of Things)」を開発できるようになるという。つまり、「モノのインターネット(IoT)」のように、電波を介した情報交換によってモノをスマートにするのではなく、モノの成分に情報を注入することによってモノをスマートにする、ということだ。

ここで、エルリッヒのウサギが登場する。

このウサギのフィギュアは、エルリッヒと共同で「モノのDNA」を研究しているチューリッヒ工科大学のロバート・グラスの研究室で3Dプリントされたものだ。フィギュアの材料である高分子マトリックスには、膨大な数の微小なガラスビーズが埋め込まれており、その一つひとつに数十の合成DNA分子が入っている。

DNAにエンコードされているのは、ウサギそのもののデジタル設計図だ。ウサギの4本の脚とふたつの耳と尻尾をつくるため、3Dプリンターのノズルに対して、どの位置まで移動して、いつ樹脂を押し出すかを、この設計図が指示する。ウサギには、その輪郭を示すデータファイルのコピーが、合計3億7,000万も含まれているという。

これからは、ブロックチェーンの時代ですよ。。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました