ドイツ銀行、コロナウィルス感染拡大を背景とする市場混乱の影響で実質デフォルト(債務不履行)

Business
ドイツ銀、償還可能な債券の返済オプション行使せず 市場混乱が影響
ドイツ銀行は、来月末に償還可能になる債券の返済オプションを行使しない方針。新型コロナウイルス感染拡大を背景とする最近の市場の混乱を受けた決定で、他の銀行が追随する可能性がある。

[ロンドン/フランクフルト 11日 ロイター] – ドイツ銀行(DBKGn.DE)は11日、来月末に償還可能になる債券の返済を見送る計画を明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大を背景とする最近の市場の混乱を受けた決定で、他の銀行が追随する可能性がある。

ドイツ銀が返済を見送るのは総額12億5000万ドルのAT1債(その他ティア1債)。AT1債は偶発転換社債(CoCo債)の一種で、銀行が発行する債券としては最もリスクが高い。償還期限がない永久債と同等に扱われるが、償還可能日を迎えれば返済できる。

ドイツ銀のAT1債は4月30日に償還可能日を迎える。

AT1債は、発行体の銀行の財務が悪化した場合、公的資金で救済するのではなく、債券の保有者が損失を被るよう設計されており、2008年の金融危機後に出回るようになった。

AT1債を発行する銀行はこれまで、償還可能日を迎えてからすぐに返済するのが通例だった。ただ、例外的なケースもあり、スペインの銀行サンタンデール(SAN.MC)は昨年、返済を遅らせた。

ドイツ銀行の破綻は大口が株を処分するための時間的猶予を作るためにニュースをわかりにくくして、傷を広げないようにしている。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました