FRB量的緩和で金と仮想通貨上昇、インフレの懸念も

Blockchain
bitcoin2273
FRB量的緩和で金と仮想通貨上昇、インフレの懸念も | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン
3月23日に金の価格は上昇し、多くの仮想通貨も同様に上昇した。コロナウィルスの市場と経済への影響を緩和するため、アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)の抜本的な量的緩和政策に支えられてのようだ。 ビットコイン(BTC)は3月23日協定世界時(UTC)20時半(日本時間3月24日5時半)時点で7%上昇した。仮想通貨市場に...

3月23日に金の価格は上昇し、多くの仮想通貨も同様に上昇した。コロナウィルスの市場と経済への影響を緩和するため、アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)の抜本的な量的緩和政策に支えられてのようだ。

ビットコイン(BTC)は3月23日協定世界時(UTC)20時半(日本時間3月24日5時半)時点で7%上昇した。仮想通貨市場にとって静かな週末を終えた後の過去24時間は5600ドルから6600ドルで取引されていた。

この日注目すべき仮想通貨資産のパフォーマンスは、ビットコインキャッシュ(BCH)が13%上昇、ライトコイン(LTC)は7%アップ、ビットコインSV(BSV)は6%アップだ。CoinDeskの資産ボードのうち下落したものはデクレッド(Decred:DCR)だけで、それも1%未満の下落である。

更なる経済的落ち込みを食い止めるためのFRBによる無制限の資産買い入れと3000億ドル(約33兆円)の緊急融資制度の発表は仮想通貨と金の価格の上昇と一致する。金は3月23日協定世界時(UTC)20時半時点で3%上昇した。しかし中央銀行の動きは下がり続けるS&P 500種指数を止めるには十分ではなかった。協定世界時(UTC)20時半時点で2%下落している。S&P 500種指数は2016年の水準で、ほぼ4年間の増加分を帳消しにしている。

FRBの量的緩和は、ビットコインにとって追い風ですね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました