新型コロナウイルス対策で「人工呼吸器をオープンソースで開発するプロジェクト」が登場

Business
新型コロナウイルス対策で「人工呼吸器をオープンソースで開発するプロジェクト」が登場
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が重症化すると、気管支炎や肺炎を併発して呼吸不全が起こる可能性があります。COVID-19患者の増加によって医療現場で使われる人工呼吸器の数が足りなくなることが予想されることから、有志により、さまざまな人工呼吸器の設計がオープンソースで公開されています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が重症化すると、気管支炎や肺炎を併発して呼吸不全が起こる可能性があります。COVID-19患者の増加によって医療現場で使われる人工呼吸器の数が足りなくなることが予想されることから、有志により、さまざまな人工呼吸器の設計がオープンソースで公開されています。

People Are Trying to Make DIY Ventilators to Meet Coronavirus Demand – VICE
https://www.vice.com/en_us/article/5dm4mb/people-are-trying-to-make-diy-ventilators-to-meet-coronavirus-demand


COVID-19の感染拡大によって急激に人工呼吸器の需要が高まったため、各地で人工呼吸器の不足が問題となっています。アメリカのドナルド・トランプ大統領は、2020年3月16日に行った電話会議の中で「マスクや人工呼吸器などすべての機器は自力で入手してほしい」と述べ、人工呼吸器を含めた医療設備の確保をアメリカ政府に依存しないように州知事へ呼びかけました。


人工呼吸器不足を受けて、オープンソースで設計・開発された人工呼吸器が公開されています。。

GitHubで公開された以下のオープンソース人工呼吸器は、睡眠時無呼吸症候群の治療で使われるCPAP装置を改造し、マイコンボードのArduino Nanoで制御するというもの。使用時に口にはめるピースは3Dプリンターで出力可能で、医療用マスクフィルターを流用した換気装置も搭載しているとのこと。

人口呼吸器はこれから日本も大量に必要になってきますね。。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました