コロナウイルスの発生を受けて、ストリッパーがトップレスでのフードデリバリー 「Boober Eats」を始める

Business
Strippers Pivot to Topless Food Delivery Amid Coronavirus Outbreak
Introducing: Boober Eats

コロナウイルスが大流行して全国的にナイトライフ業界が暗転を余儀なくされる前から、ストリッパーやその他のピンク産業の女神たちは、顧客が減少し、コロナウイルスの懸念からパフォーマーだけでなくステージからも社会的距離を置くようになったために、収益が打撃を受けた最初の専門家の一人だった。

しかし、当然のことながら、ストリッパーとセックスワーカーは、業界を破壊するために仕立てられたように見える危機の中でビジネスをリノベートすること関しては、特に機知に富んでいることも証明している。

先週末、ラスベガスのストリップクラブ「リトル・ダーリングス」では、ドライブスルーのストリップショーとヌードハンドサニタイザーレスリングを開催し始めました。

現在、オレゴン州ポートランドのストリップクラブでは、トップレスのフードデリバリーという全く別の仕事にダンサーを投入しています。

ラッキーデビルラウンジのオーナーであるショーン・ボールデン氏は、当初、ツイッター上でのジョークとして「Boober Eats」と名付けたアイデアを提案し、ローリングストーンが報じた。
しかし、顧客からの正当な要求を受けた後、ボールデンはサービスを実行に移すことを決めた。

30ドルの配達料で、顧客はクラブに食べ物を注文し、マスクや手袋、パシュタイをつけたトップレスのダンサーに配達してもらうことができる。
Boulden氏によると、食べ物を玄関先に置いた後、ダンサーはセーターを脱ぎ捨て、6フィートの距離で「跳ねまわる」という。

通常の状況では、ブーバーイーツは、フーターズスタイルのブレアレストランの全盛期から取り残された時代遅れのギミックのように見えただろうが、今は、一見愚かなスタントは、クラブ、その従業員やパフォーマーが前例のないほど悲惨な財政状況の中で浮いている状態を維持するための合法的な試みである。

この動きは完全な財政的な救世主には程遠いかもしれませんが、あるパフォーマーから転身した配達ガールがローリングストーン誌に「彼女は通常の収入の4分の1しか稼いでいない」と語っていますが、コロナウイルスの影響で失業を余儀なくされている多くのアダルティな女神にとっては貴重な資源となっています。

“私たちは、実際に私たちのドアを開いたままにすることができます別の方法で従業員を雇用し続けようとしています “とBouldenは言った。

コメントに困ってしまうが、

これはネタなんじゃないだろうか。。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました