アイリスオーヤマ、マスク1億4,000万枚/月の生産体制へ

Business
アイリスオーヤマが国内でもマスク生産 月間1億4,000万枚の体制に - ライブドアニュース
アイリスオーヤマは3月31日、日本政府からの要請に応じ、国内にマスクの生産設備を導入することを決定した。アイリスオーヤマによる発表文(一部)同社は新型コロナウイルス感染が世界的に長期化していることから、

アイリスオーヤマは3月31日、日本政府からの要請に応じ、国内にマスクの生産設備を導入することを決定した。

アイリスオーヤマによる発表文(一部)

同社は新型コロナウイルス感染が世界的に長期化していることから、現在大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)の2拠点で、24時間フル稼働でマスクを生産している。今回、国内でマスク不足が長期化していることを受け、宮城県角田工場の一部を改修し、マスクの生産を行う。これまで中国1カ所に依存していた生産体制を国内へ分散し、リードタイムの短縮も図る。

現在のマスク生産能力は8,000万枚/月だが、国内生産設備の導入で、新たに6,000万枚/月のマスク生産が可能となり、合計で1億4,000万枚/月で国内供給できる体制を目指す。設備の稼働時期は2020年6月めど。生産アイテムは不織布マスク(プリーツマスク、学童用マスク)。

直販サイト「アイリスプラザ」では、マスク不足が続く現在でも入荷状況に応じてマスクを数量・回数限定販売している。このためアクセス過多でつながりにくい場合があるとしている

なお、家電メーカーではシャープも政府からの要請により、不織布マスクの生産を同社の三重(多気)工場で開始。3月31日に、政府調達向けに出荷を始めている。

大手が本気出すと、生産能力が桁違いに上がるね。

これでマスクの品不足も解消するといいですね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました