インド、暗号資産取引が盛んに──銀行破綻、新型コロナが影響か

Blockchain
bitcoinadoption0308
インド、暗号資産取引が盛んに──銀行破綻、新型コロナが影響か | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン
世界第2位の人口を誇るインドでは、国内の経済問題と新型コロナウイルスによる全国規模の封鎖のなか、暗号資産(仮想通貨)の普及が加速している。 裁判所の判決 3月4日、インドの最高裁判所は、銀行が暗号資産(仮想通貨)を扱う事業体へのサービスを提供することを禁じた、同国の中央銀行「インド準備銀行(Reserve Bank o...

世界第2位の人口を誇るインドでは、国内の経済問題と新型コロナウイルスによる全国規模の封鎖のなか、暗号資産(仮想通貨)の普及が加速している。

裁判所の判決

3月4日、インドの最高裁判所は、銀行が暗号資産(仮想通貨)を扱う事業体へのサービスを提供することを禁じた、同国の中央銀行「インド準備銀行(Reserve Bank of India)」の2018年4月6日の命令を覆した。それが始まりだった。取引所での取引はすぐに勢いを増した。

「最高裁判所の決定によって事態が明確になったため、インド人顧客にサービスを提供する取引所の取引高にかなりの増加が見られる」と、暗号資産取引所コインスイッチ(CoinSwitch)の創業者兼CEOアシシュ・シンガル(Ashish Singhal)氏は述べた。

暗号通貨プラットフォームのカシャー・インディア(Cashaa India)は、最高裁判決から48時間で取引高が800%増加したと指摘した。

「また最初の24時間で600ビットコインを超える取引があった」と、キャシャーのクマール・ガウラブ(Kumar Gaurav)CEOは語った。

その頃、インドのトレーダーは焦っていた。その主な理由は、政府が暗号資産を違法と宣言することで介入するという噂があったためだ。

「すべてのトレーダーは、最高裁判所の判決によってもたらされたチャンスを生かそうとしていた」とガウラブ氏は述べた。それがおそらく、取引高の最初の急増を煽った。

国内外で問題が続くなか、以来、勢いは衰えていない。

発行枚数が決まっているビットコインはインフレに強いですし、送金や決済に容易に使えるので少しずつまた人気が上がってきてますね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました