世帯貯蓄額は平均1500万円を突破、「子育て終了層」が本格的に貯蓄

Business
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00217043-sh_mon-bus_all&p=1

明治安田生命の家計調査によると、世帯貯蓄額は年々増加して、平均貯蓄額が1,500万円を突破。貯蓄金額は50代から急増しており、子育てを終えた層が本格的に貯蓄を開始している様子がうかがえる。コロナで「給与・収入減少」に不安、6割超

 明治安田生命は4月27日に、「家計」に関するアンケート調査の結果を発表した。この調査は、全国の20~79歳の既婚男女を対象に2020年4月2日~4月9日にインターネット調査によって行われ、有効回答者数は1,620人。

 まず、新型コロナウイルス感染拡大による将来の家計への不安について聞いたところ、「不安を感じる」と答えた人は全体の約7割(71.1%)となり、終息がみえない状況に多くの人が家計について不安を抱いていることがうかがえる結果となった。職業別では、「会社役員・経営者」77.3%、「自営業・自由業」75.8%が上位を占めている。

 不安を感じる理由としては、「給与・収入の減少」が62.2%でトップとなり、「日用品・衛生用品などの備蓄品購入にかかる支出の増加」46.7%、「疾病にかかる医療費の増加」42.5%と続いている。

 年齢別では、「給与・収入の減少」は30代が最も多く、「日用品・衛生用品などの備蓄品購入にかかる支出の増加」や「疾病にかかる医療費の増加」と答えたのは60代以上の高齢層に多かった。また、「食費の負担増加による出費の増加」については子育て世代となる30代~40代の女性が最も多くなっている。

日本の政府が1000兆円の借金があるということは、反対側には、1000兆円貸している人がいるということですよね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました