与沢翼、月3万5000円の質素倹約生活。「腹八分で満足する習慣が大事

Business
与沢翼氏が月3万5000円の倹約生活 欲望の暴走を止める重要性 - ライブドアニュース
タイ・バンコクで月3万5000円の倹約生活を送っているという与沢翼氏。「欲望の中毒」である時間が、1円の得にもならなかったと気づいたそう。欲望の暴走を止めて「腹八分目」で満足する習慣づくりを勧めている

 あの与沢翼が再び帰ってきた――。「ネオヒルズ族」「秒速で1億円稼ぐ男」と呼ばれていたものの、法人税滞納でまさに無一文に転落。そこから4年で純資産70億円を築き上げ、地獄の底から復活した与沢翼。これまでのあらゆる体験から辿り着いた「お金と幸せの最終結論」をまとめた『お金の真実』(宝島社)が4月23日に発売され、話題沸騰中だ。

 4月中旬に与沢さんがツイートするやいなや、Amazon総合ランキングにランクイン。「あつまれ どうぶつの森」の攻略本に阻まれたものの、すべての本における総合ランキング3位、ジャンル別では「株式投資・投資信託」「一般・投資読み物」「投資・金融・会社経営」で現在も1位を獲得し続けるなど、発売前からブチ抜く結果を出している。世界中で新型コロナウイルスが蔓延し猛威を振るっているなか、どんな暮らしをし、何を考えているのか。今、与沢翼が日本に向けて語る――。

◆ひと月3万5000円の質素倹約生活

 過去の金融ショックに相当する大きな株価下落に加えて、新型コロナウイルス感染拡大を防止するべく、渡航禁止やイベント開催自粛、飲食店の営業禁止、東京オリンピックやドバイ万博の延期に至るまで、ウイルスへの対抗策が世界中を巻き込んで日に日に強化されています。

 私が今住んでいるタイ・バンコクでは、日本以上に厳しい外出規制や入国制限が行われているほどです。これらの急激な予防措置は経済活動をひどく停滞させる結果となり、すでに倒産する企業も出てきている状況です。まるで世界経済の崩壊とも思える不穏な事象がいくつも生じているのです。

 グローバル経済の前提となっていた国境を越えたヒトとモノの行き来は滞り、あらゆる企業活動が厳しく制限されているため、多くの企業の業績悪化は避けられない状態にあります。まるで映画を見ているかのような世界が忽然として私たちの前に姿を現したのです。

 このような厳しい現状にあって、今、私たちが取りうる姿勢は2つです。

 テレビやニュースを見て、状況が回復することを願いながら傍観し続けるのか、逆は貯めておくということです。儲けるのはそのあとです。

 私は現在、日本円に換算すると年間5億円から15億円程度の収入を得ています。金額に差があるのは個人事業で安定せず、かつ、投資収益には年度間で大きなばらつきがあるためです。

 今、私自身がバンコクでひと月に使うお金はだいたい1万バーツ、日本円でわずか3万5000円程度です。主な使い道は近所のコンビニエンスストアで約150円(45バーツ)のコーヒーを毎日買うこと。銀行で1万バーツをおろすと、夜遊びもまったくせずに、そのお金だけで1か月間過ごしています。テレビなどで部分的に見せている派手な生活は、あくまでもエンターテインメントです。

◆欲望の暴走を止める。「必要十分」で満足できる人は強い

 ピンチのときに必要なことは断捨離です。今こそ、本当に自分にとって不可欠なものだけを残し、人生において必須でないものとは「おさらば」する必要があります。それが、際限なき危険な「欲望」の排除です。

 日本在住時代の私は一種の欲望の中毒になっていました。お酒を飲んで気持ちよくなりたい、お金を稼いで湯水のように使いたい、権力と名声を手にしたい。このような人間が持つ欲望に忠実に、その赴くままに時間とお金の許すかぎり行動していました。

 しかしよくよく考えてみると、お酒を飲んで気持ちよくなった翌日にやってくるあの気持ち悪さと気だるさは果たしてよい生活習慣なのか。何も解決していないのにただ時間とお金だけが消えていくあの時間は本当の成功を掴つかむために何かプラスになっているのか。いくら稼いでもみじめな感じしかしない金銭に対する枯渇感は満たされることはあるのか。権力と名声で得たのはコンプレックスを埋めるためだけのものではないのか。深く考えてみればみるほど、どれも必要のないものだと確信に変わっていったのです。

 必要以上の欲望をまず断捨離しておくことが大切で、コツとしては「必要十分で満足する習慣づくり」です。「腹八分目」と言いますが、満腹を目指そうとしないこと。八分で常に満足の最大値を迎えるように自分を癖づけしていきます。

 たとえば、私は4年落ちのフェラーリとロールス・ロイスに今も乗っています。昔は新型が出るたびに乗り換えていました。そうでなければ満足できなかったのです。「型落ちはダサい」というのが自分の口癖でした。ですから、古くなっていく車で深く満足している今というのは私にとっての腹八分に相当するということです。古くなるほどにとても大切に感じています。

 腹八分と禁欲は違います。欲を持てるのは生きている証拠、成功のための原動力です。だからそれを禁止することはありえません。私が強調したいのは欲望の暴走を止めろ、ということ。

 ものを大切にし、1人の女性と深く向き合い、ほどほどのお酒と定期的な旅行で幸せを感じることです。プライドや見栄、自尊心は1円の得にもなりませんから、誰かに評価されることを求めてもいけません。身近な人が評価してくれるようになったらそれが最上の腹八分目です。

 人生には必要なものがたしかにあります。過度な質素倹約や禁欲を勧めるつもりは毛頭ありません。しかし、外出の自粛が求められ、これまでの経済が崩壊する可能性がある今、必要以上のものはすべて捨てるというのが正しい態度です。腹八分で満足できるようになれば、いろいろな価値を併存させ、活力をもって生きることができるようになるのです。

与沢さんが質素倹約生活だったとわ。。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました