新型コロナ、入院患者3割死亡 危険性エボラと同じ―英調査

Health

【ロンドン時事】英国の新型コロナウイルス入院患者約1万7000人のうち、治療のかいなく死亡した人は33%に上ることが各地の病院のデータを基にした大規模調査で明らかになった。調査チーム代表のリバプール大のカルム・サンペル教授は「重症患者の死亡率は、最善の治療を受けたとしてもエボラ出血熱に近い」と指摘した。

医療従事者、多数死亡か 政府統計に疑念、医師が独自サイト―ロシア

 調査は2月6日から4月18日にかけ、イングランド、ウェールズ、スコットランドの166病院に収容された1万6749人を対象に実施し、結果は28日に公表された。回復し、退院した患者は49%で、17%は治療継続中。患者の年齢の中央値は72歳。約6割は男性だった。
 高度看護施設や集中治療室に移された重症患者だと45%が死亡、さらに、人工呼吸器につながれた人は53%が亡くなった。死者の年齢の中央値は80歳だった。
 患者の多くは心臓病や糖尿病、ぜんそくなどの持病を抱えていたが、47%は基礎疾患を持たなかったという。サンペル教授は「新型コロナは非常に感染しやすく、極めてたちが悪い」と述べ、危険性はエボラ出血熱と同レベルだと警告した。

新型コロナがそれほど危険性がないと考えるのはまちがいだということがデーターとしてわかってきました。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました