金正恩氏、残る健康不安説 20日ぶりの健在確認―北朝鮮

Business
金正恩氏、残る健康不安説 20日ぶりの健在確認―北朝鮮:時事ドットコム
【ソウル時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2日、20日ぶりに動静が写真付きで報じられ、健在が確認された。米メディア報道で浮上した「重体説」を払拭(ふっしょく)した形だが、正恩氏の健康状態への疑念は依然、根強く残る。

 【ソウル時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2日、20日ぶりに動静が写真付きで報じられ、健在が確認された。米メディア報道で浮上した「重体説」を払拭(ふっしょく)した形だが、正恩氏の健康状態への疑念は依然、根強く残る。

正恩氏が健康でうれしい トランプ米大統領

 「工場が操業すれば、経済戦線の成果を確信させる旗印となる」。党機関紙・労働新聞は2日、正恩氏が1日に西部・平安南道順川にある肥料工場の完工式に出席し、こう語ったと1面で報じた。
 公開された写真や映像では、正恩氏が自ら歩いて式典に出席し、妹の金与正党第1副部長からはさみを受け取って笑顔でテープカットに臨んだほか、工場を視察しながら厳しい表情で朴奉珠首相らに指示する姿が写っていた。たばこを手に政府幹部らを指導する態度からは、米CNNテレビが4月に報じた「手術後に重体に陥った」様子はうかがえない。
 現在の姿であることを強調するためか、「順川リン酸肥料工場竣工(しゅんこう)式 2020年5月1日」と記されたパネルの前に座る正恩氏の写真もある。
 同工場は17年7月に着工し、19年3月に工事が本格化。正恩氏は今年1月の視察で、工場建設は「今年遂行すべき経済課題の中で党が最も重視する対象の一つ」と述べ、建設加速を指示していた。巨大プロジェクトの完成式典出席は経済的成果を国内に誇示する一方、健在を証明するうってつけの機会だったとみられる。

なんか顔が変わった感じがするのは気のせいかな?

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました