アメリカ、肉不足から代替肉(フェイクミート)への注目が集まる

Business
アメリカ、肉不足から代替肉(フェイクミート)への注目が集まる | CUBE MEDIA
参照: ※肉不足は日本で起こっていませんし、日本の食肉産業は、厳重に衛生が管理されています。性急な行動を起こさないようにしましょう。 コロナウイルスにより、アメリカの食肉市場に変化が起きています。食肉加工労働者がコロナウイルスの被害に会い、工場を閉鎖したため、アメリカ

コロナウイルスにより、アメリカの食肉市場に変化が起きています。
食肉加工労働者がコロナウイルスの被害に会い、工場を閉鎖したため、アメリカでは肉不足が起きています。
更に、肉不足や食肉そのものへの不信感等も相まって、代替肉(フェイクミート)の売上が伸びているのです。

※代替肉とは、豚や牛・鶏等の肉を使わず、大豆等の食物で肉のような食感を持つ食材を生成した食品です。

フェイクミートの開発技術をもつ「Beyond Meat」社は、4月にシェアが49%上昇しました。ニールセンの細心レポートによると、これら「代替肉」の需要は去年の同時期より278%増加しているとのことです。また、調理済みの「代替肉」の売上は同じ週に84%の増加を記録しました。需要が非常に高まっているので、製品の価格を引き上げると予想されています。

「Beyond Meat」だけではありません、Forbesによれば、他の代替肉メーカーも大きく売上を伸ばしているとのことです。
例えば35の代替肉製品を販売する「Tofurky」社は、過去12週間で売上を40%以上も伸ばしています。

コロナウイルスが及ぼした影響について、働き方や衛生意識等に目が向きがちですが、世界をみると食料部分にもしっかりと影響を及ぼしていることがわかります。人間の生活全てを巻き込んだパラダイムシフトです。

食肉生産国のアメリカで今食肉が不足しているという事態になっていますね。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました