ローソン、セルフレジを4,500店舗で導入。2カ月で2.5倍に

Business
ローソン、セルフレジを4,500店舗で導入。2カ月で2.5倍に
ローソンは、「セルフレジ」の導入を強化し、導入店舗を2カ月で約2.5倍となる約4,500店に拡大した。利用客と店舗従業員の接触時間を減らし、現金に触れる必要がないキャッシュレス専用のため、新型コロナウイルス感染予防の一環として、運用店舗を拡大していく。

ローソンは、「セルフレジ」の導入を強化し、導入店舗を2カ月で約2.5倍となる約4,500店に拡大した。利用客と店舗従業員の接触時間を減らし、現金に触れる必要がないキャッシュレス専用のため、新型コロナウイルス感染予防の一環として、運用店舗を拡大していく。

2月末時点のセルフレジ導入店舗は、全国のローソン約1,800店舗だったが、4月末時点では約4,500店舗となり、2カ月で2.5倍になった。また、ローソン店舗でのキャッシュレス決済比率は’19年9月までは約20%だったが、4月末時点では約30%まで伸びている。

ローソンが全国の店舗に設置しているPOSレジは、店側の操作で、来店者がレジを操作できるセルフレジに切り替えられる。セルフレジでは、客が従業員と接したり、現金に触れることなく自分でキャッシュレス決済できるため、利用者ニーズも増えているという。

セルフレジの決済方式は、クレジットカード、交通系電子マネー、iD、楽天Edy、QUICPay、WAON、Apple pay、ポイント利用、国際ブランドプリペイドカード、バーコード決済など。

ビットコインでも決済できるといいですね。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました