番組出演 女性プロレスラー木村花さん死亡 SNSで非難の投稿も

芸能
エラー|NHK NEWS WEB

シェアハウスでの共同生活を記録する民放のテレビ番組に出演していた22歳の女子プロレスラーが、23日東京都内で死亡したと、所属団体が明らかにしました。SNS上では、番組への出演や言動などについて非難するような投稿がされていたということで、所属団体は「詳細は把握できていない部分もあり、関係者の調査に協力していきます」とコメントしています。

シェアハウスで男女6人が共同生活する様子を記録するフジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(22)が、23日未明、東京都内の自宅で死亡したと、木村さんの所属団体が明らかにしました。

本人のものとみられるSNSには、23日未明に「さようなら」と記されていました。

所属団体は「当社の所属選手が本日、死去しました。詳細は把握できていない部分もあり、関係者の調査に協力してまいります。ご冥福を深くお祈りします」というコメントを出しました。

所属団体などによりますと、SNS上では、番組への出演や言動などについて非難するような投稿がされていたということです。

番組の公式サイトには「突然の訃報に接し、ことばを失っております。謹んでお悔やみ申し上げるとともにご冥福をお祈りします」というコメントが掲載されました。

長与千種さん「言葉は時に鋭利過ぎるナイフに」

亡くなった木村さんに対してSNS上で非難するような投稿がされていたことを受けて、女子プロレスの長与千種さんは「言葉は時に鋭利過ぎるナイフになって人の心の奥深くを無残に切り裂き荒らす」「SNSって顔出さずの便利な世の中になったツール。便利なツールは何でもオッケーなの?」などと憤りをつづっています。

また、実業家の前澤友作さんは「SNSでの行き過ぎた誹謗中傷行為には厳罰を。被害者のアクションが全体の抑止力になる。僕もスルーせずにこれからは遠慮なく被害届けを出す」などと記しています。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました