メリットだけではないリモートワーカーの知られざる問題点

Business

新型コロナウイルスの流行により、各企業が感染拡大対策としてスタートさせたリモートワーク。

オフィスへ出勤して仕事をしていた人たちが、通勤をやめ在宅で仕事をするケースが増加してきた。

そこで注目されているのが、新型コロナウイルス流行前からリモートワークで働いていたフリーランス、ダブルワーカーである。

彼らの中にはギグ・エコノミーと呼ばれる単発の仕事をインターネットを通して受注する働き方をしているギグ・ワーカーも多く、「次世代の働き方」として注目を集めた。

しかし、このギグ・エコノミーにおける問題点が語られ始めている。

ギグ・ワーカーの実態

ギグ・ワーカーと呼ばれる人たちは大きく2つの種類に分かれる。

1つは完全に独立しフリーランスとして働いているギグ・ワーカー。もう一つが就職や転職までのつなぎとして働いていたり、本業とは別に副業として働いていたりするギグ・ワーカーだ。

独立し働いているギグ・ワーカーの多くは起業をしている人や、映像等のエンターテインメント業界で働く人、IT業界で働く人が多い。

 

アメリカの世論調査会社であるギャロップ社は、ギグ・ワーカーとして働く人と会社に雇用されてい働く人に仕事における意識調査を実施している。

なお調査した項目は下記の通りである。

  • 自分の職場に属している意識
  • 仕事への情熱
  • 自立性と権威
  • クリエイティブ・イノベーティブ
  • フィードバックの受け取り
  • 管理されたパフォーマンス・メトリック
  • 目標設定の共有
  • 安定と安心
  • 報酬への動機づけ
  • 報酬への満足度
  • 報酬のタイミングと正確さ
  • ヘルシーなワークライフバランス
  • 時間の融通
  • 柔軟性

この調査において独立したギグ・ワーカーでは、「報酬のタイミングと正確さ」以外の項目で雇用されている会社員よりも数値が高くなった。

同調査では、つなぎや副業として働いているギグ・ワーカーにも同様の調査を実施しているが、こちらはすべての数値が低いという結果が出ている。

実は新型コロナウイルスの影響を強く受けているギグ・エコノミー

リモートワークの重要性が叫ばれる中、以外にもギグ・エコノミーは新型コロナウイルスの影響を強く受けている。

というのも、ギグ・ワーカーは会社員と違い失業時の補償が整っていない。

失業保険の申請が不利になる他に、ギグ・ワーカーの多くは店舗を構えていない個人事業主であることから低金利のローンの申請も難しい。

健康保険の面でも社会保険に入れず、中には国民健康保険にも入っていない人もおり、万が一コロナウイルスに感染した場合には高額な医療費がかかるうえ、病気による休業の手当等も発生しない。

 

ギグ・エコノミーの中にも、新型コロナウイルス流行の前後で需要が変わらない業種や、需要が大きく高まっている業種もあるが、Uber Eatsのようなデリバリーサービス等はあくまでも一時的な需要の高まりであり、収束後も同様の需要が保障されるかというと難しいと言える。

WEF (World Economic Forum)の調査では、全世界のギグ・ワーカーのうち68%もの人が収入を失ったと答え、仕事を失った人は52%にものぼる。

さらに全体の89%もの人が、現在の収入源以外の新しい収入源を求めていると答えた一方で、ある程度のたくわえがある人は23%しかいない。

ギグ・エコノミーの今後

新型コロナウイルス流行前後で比べると、オンラインでのサービスやデリバリー業界で需要が増加。

一方でベビーシッターやハウスクリーニングのような、他人の家で仕事を行う業界では、外出自粛の影響を受け需要が激減している。

 

そこでアフターコロナを見据えた時に、伸びが期待されているのがオンラインでサービスを提供する業界だ。

現に自身の症状から新型コロナウイルスに感染しているのかをAIが診断する「オンライン医療アプリ」や、デリバリーアプリ、オンラインショッピングアプリといったサービスは大きく伸びている。

さらに外出自粛で家出の時間が増えたことで、プレイ人口が増加したことや、オンラインでのゲームの配信の需要が増加し、ゲーム業界も大きく業界を伸ばしている。

 

このことからも、ギグ・エコノミーの中でも専門的な能力や技術の必要な業種は継続し需要が伸びると考えられるが、特別なスキルを必要としないギグ・エコノミーは衰退もしくは働き手の競争激化が予測される。

専門的な能力や技術の必要なギグ・エコノミーにおいても、シリコンバレーに本社を置く有名IT企業のうちの数社が、今年いっぱいリモートワーク継続の方針を発表したことにより、有名IT企業で働く高いスキルを持つ人材がギグ・エコノミーへ参入することも考えられる。

 

いずれにせよ、コロナ収束後の世界でスキルがないギグ・ワーカーにとって厳しい現実が待ち受けていることには変わりない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました