非接触社会への前進|パナソニックが「現場センシングソリューション事業」を開始

Business

7月2日、パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ(CNS)社は、「顔認証」、「センシング」、「高性能エッジデバイス」の3つの既存事業を統合し新事業である「現場センシングソリューション」を立ち上げることを発表した。

これによりパナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)にて、7月1日付で「スマートセンシング事業センター」が新設され、現場プロセスイノベーションを担う新事業がスタートする。

パナソニックがスタートさせた現場センシングソリューション

2日の発表では現場センシングソリューションについて、営業、開発、保守合わせて約1,200人体制で展開することを発表。さらに現在の事業規模が約400億円のところ、2025年度には1,000億円へ拡大させる。

新事業ではソリューションの提案、構築、アフターサービスを一貫して提供する。

保守拠点は全国70か所に展開し、「顔認証」、「センシング」、「高性能エッジデバイス」の3つの既存事業で分かれていた顔認証や画像解析といった技術を連動させて提供する。既存事業だけでなく、各パートナー企業との連携も進める方針。

 

スマートセンシング事業センターのセンター長である新妻孝文氏は、今後の強化の3つのポイントについて説明した。

エッジデバイスの進化

1つがセキュリティカメラに代表されるエッジデバイスの進化である。

パナソニックには「Future Craft」という独自のデザイン哲学がある。これを基にサービスやコンテンツ、プロダクトの3つの部門からなるデザインセンターのノウハウを活かし、利用者だけでなく運営者にも使いやすいサービスを目指す。

エッジデバイスの機能においては、セキュリティカメラ内で画像処理を行うといったエッジ側へのアプリケーション導入を可能にし、高機能化を目指す方針。

これにより以前はサーバーで行っていた、ナンバープレートの認証やAIプライバシー保護、AI動態検知とうの処理をカメラ内で完結できるようになる。

AI画像センシング技術の先鋭化

2つ目にAI画像センシング技術の先鋭化が挙げられる。

これは学習データの自動生成による認証制度向上の取り組みと、マルチモーダルセンシング技術の2つの要素から構成されている。

学習データの自動生成による認証制度向上の取り組みでは、AIの構築に必要なデータを取得するために、わずかなサンプリング画像からでも学習データを生成するデータオーグメンテーション技術を有する。

マルチモーダルセンシング技術では、音声などの顔認証以外の他のセンシング技術を組み合わせ、現場での実用性の向上を目指す。

顔認証技術をより広く提供するためのスキーム構築

3つ目が顔認証技術をより広く提供するためのスキームの構築である。

パナソニックでは2019年11月より、クラウド上で顔認証エンジンを利用できる顔認証APIを提供していたが、今後は顔認証APIのパートナー企業での活用を推進しつつ、それ以外のアプリケーションと組み合わせた新たなサービスとしても展開する見込み。

同日に発表された「KPAS」

さらに同日、「入退セキュリティ&オフィス可視化システムKPAS(ケイパス)」の新バージョンを発表。

KPASは、顔登録機のKPASレジスターや認証機のKPASゲート、KPASチェッカー、KPAS管理サーバー、KPAS認証サーバーから構成されるソリューションである。

一括の顔登録以外にも、KPASレジスターを用いて顔と名刺を同時に登録する機能を備えているため、登録から最短15秒で利用できるのが特徴で、KPASを活用することで、社員だけでなく来訪者の入退管理も可能となる。

 

2日に発表された新バージョンでは、マスク着用時の顔検出率が同社比3.1倍、顔認証率が同社比2.2倍にまで向上している。

さらにパナソニック製の統合型セキュリティーシステム「eX-SG(イーエックス・エスジー)」との連携も発表。

これにより、来客があるエリアでは顔認証によりストレスフリーな入退室、執務エリアではICカード認証と顔認証の併用というように、入退室管理において柔軟な対応が可能となった。

 

また外部システムと連携するための「WebAPI」も用意。

WebAPIを活用し顔認証を用いたアプリケーションを開発し、すでに導入済みのあらゆる外部システムとの連携で、よりスムーズで柔軟なオフィス運営が可能となる。

 

今回発表された現場センシングソリューションの立ち上げやKPASの新バージョンは、新型コロナウイルスの影響で広まりつつある「非接触社会」へとあわせたものとなった。

【合わせて読みたい】アフターコロナの希望となる「非接触ビジネス」の可能性

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました