自粛期間で浮き彫りになった「ビール会社大手4社」の大きな差

Business
Processed with VSCO with fp8 preset

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が叫ばれるようになり、経済は大きく低迷しています。

その影響はビール業界にも波及しており、ビールの需要は縮小傾向にあります。

ビール業界の現状

新型コロナウイルスの影響を大きく受けている業界のひとつがビール業界である。

国内ビール会社大手の4社(サントリーホールディングス、キリンホールディングス、アサヒグループホールディングス、サッポロホールディングス)では、4社とも直近に公開した決算公表値において業績が悪化している。

国内のビール市場は15年連続で縮小傾向にあり、新型コロナウイルスが市場縮小に拍車をかけることとなった。

特に緊急事態宣言が出された4月には、前年同月と比べて約5割も減少している。

これは外出が自粛されたことで外食機会が減り、飲食店へ販売していた酒類の販売額が減少したことが原因である。

自宅での飲酒需要が伸びたことにより、一般家庭用の商品の売り上げは増加しているものの飲食店関係の販売額減を補えるほどの増加ではなかった。

 

サントリーホールディングスは上場企業のため各四半期の情報は公開していないものの、残り3社は1月から3月の情報を公開している。

各社の業績は下記の通り。

  • キリンホールディングス:売上高 -2.3% / 事業利益 -11.0%
  • アサヒグループホールディングス:売上高 -4.7% / 事業利益 -36.0%
  • サッポロホールディングス:売上高 -1.1% / 事業利益 -7.0%

各社の影響の差

各社で差はあるものの、特にアサヒグループホールディングスの売上高、事業利益の減少幅は他社と比べても大きい。

これは各社の販売戦略が関係しているとされている。

アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングスの看板商品は、アサヒスーパードライや三ツ矢サイダー、缶コーヒーのワンダ。

社名からも分かる通り、アサヒグループホールディングスでは特定のブランドに注力する販売戦略をとっており、アサヒスーパードライに代表されるビールの国内シェアを伸ばしてきた。

結果的に他社に比べて酒類の販売が68%を占めており、なかでも飲食店への業務用商品の販売が45%を占めている。

しかし前述の通り、外出自粛の影響で飲食店への販売額が減少。結果として大きく売上高を減少させることとなった。

 

さらに中でも最も大きな市場であった欧州エリアは酒類事業の49%を占めており、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた地域でもあった。

海外での業績が悪化したことも、此度の業績悪化に大きく影響しているといえる。

サッポロホールディングス

一方で家庭向け商品に強みがあったサッポロホールディングスでは、売上高の減少率が比較的少なくなっている。

他にもアサヒグループホールディングスでは大きな打撃を受ける原因となった海外事業も規模が小さいことも要因の一つだ。

 

サッポロホールディングスは2017年に、自宅における飲酒機会の増加に伴い小売店への営業を強化しており、主力ブランドである「黒ラベル」を5年のうちに2倍にすることを目標にしたほか、家庭向けに安価な新ジャンル商品を発表。

コロナショックであるにも関わらず、ビールと新ジャンル商品の売り上げが前期と比べてそれぞれ114%と135%増加している。

キリンホールディングス

キリンホールディングスは、キリン一番搾りをはじめとした、缶コーヒーのファイアや午後の紅茶などを販売している。なお1998年までの45年間、ビールのシェアはキリンホールディングスが国内1位であった。

低迷しているビール需要に備えてビール依存からの脱却を図っていたことが功を奏し、アサヒグループホールディングスよりもコロナ禍の影響が少なかった。

ほかにも医療分野への取り組みも進めており、1980年代から新事業領域として医療分野をスタートさせ、現在売り上げの16%を占める事業へと成長している。

サントリーホールディングス

サントリーホールディングスでは、具体的な業績は発表されていないものの、食品や飲料を取り扱うサントリー食品インターナショナルにおいて、1月から4月の決算は増益となっているため、酒類における損失を多少補填できるという見方がある。

ビール業界の今後

ビール業界はこれまでの販売戦略が明暗を分ける結果となった。

自粛期間が明け、外食産業も徐々に活気を取り戻しつつあるものの、一方で徐々に感染者が増え続けている状況もある。

再び緊急事態宣言が発表されたり外出自粛が要請されると、ビール業界へのさらなる痛手は避けられない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました