ホテルの空きスペースを活用したシェアオフィス事業が開始

Business

7月28日、JTBとNECソリューションイノベータは、8月31日よりホテルの空いている会議室や客室をシェアオフィスとして提供するサービスを開始することを発表した。

JTBとNECが発表する新しいサービス

28日に発表された新しいサービスは、ホテルの会議室や客室を提供し集中して仕事ができる環境や、安定したインターネット環境を提供することで、リモートワーク推進企業のニーズに応える目的がある。

また、訪日外国人観光客や国内旅行の需要が激減したことで苦境に立たされているホテルにとっても、遊休スペースを有効的に活用することで新しい収益モデルを提供する。

利用企業は2020年度に30社、2021年度には50社の利用を目指す。

 

オフィス環境は、集中したいときやオンライン会議に参加する時などは個室を利用したり、メール対応や書類作成といった作業時には共有スペースを利用したりと、希望によって利用するスペースの携帯を選べる。

価格は以下のように予定されている。

 

  • 会議室利用:200円(税別)/15分
  • 個室利用:3,000円(税別)/3時間

 

JTBとNECソリューションイノベータはそれぞれ、JTBが施設の提供やテレワーク場所を探す企業のマッチングを行い、NECソリューションイノベータが利用者向けのシェアオフィス検索、予約時に利用するアプリの開発、ホテル向けにクラウド上でシェアオフィス予約状況が確認できるサービスの提供を行う。

参画ホテル

27日の時点で参画が発表されているホテルは下記の通り。

  • 上野ターミナルホテル
  • オークウッドプレミア東京
  • スーパーホテル(東京都・その近郊の一部店舗)
  • 第一イン池袋
  • ハイアットリージェンシー東京
  • ホテルニューウエノ
  • ホテルラングウッド
  • ラ・ジェント・ホテル新宿歌舞伎町

 

このほかにも、2021年3月までに名古屋、大阪へ展開するほか、2022年3月までには全国展開を目指している。

サービスを利用する際の流れ

サービスを利用する際には、予め外出先や自宅で利用可能なサテライトオフィスをWebから確認後事前予約。

ホテルでは設置されたQRコードにてチェックイン、チェックアウトを行う。

 

  1. 契約(契約は個人単位ではなく、企業単位で行う)
  2. 企業は社員に専用URLを配布
  3. 利用者(社員)は配布されたURLよりID登録を行う
  4. 利用前にはサービスにログイン
  5. 空いているオフィスを検索して事前予約
  6. 現地ではログイン後表示される画面を提示しチェックイン
  7. オフィスを利用する(利用中に空きがあれば延長することも可能)
  8. チェックアウトの際はチェックイン同様ログイン後に表示される画面を提示

 

利用者は仕事に必要なPCさえあれば、インターネット環境などは現地の物を利用できる。

拡大するリモートワーク関連の需要

今回提供するシェアオフィスのサービスは、

  • 出勤前にシェアオフィスで仕事をして出勤
  • 出張や外回りの際に空いた時間でデスクワークをする際に利用
  • リモートワークとしてシェアオフィスで仕事
  • 営業先からシェアオフィスに立ち寄りそのまま帰宅

とあらゆるシーンでの利用が想定される。

 

26日には、西村康稔経済再生担当大臣が会見でリモートワークを進めるよう言及したり、「ワーケーション」という新しい旅のスタイルが話題に挙がっていたりと、旅行業界は従来の観光で来訪した人向けのサービス以外のサービスへの展開が拡大している。

これからの観光のカギを握る新しい旅の形「ワーケーション」とは
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業ではリモートワークの推進が進んでいる。 26日には、西村康稔経済再生担当大臣が会見を開き、「経済界へのお願い」と5つの点に対しての協力を呼び掛けているが、そのうちの1つにリモートワークを70%維...

 

IT系の企業を中心に、新型コロナウイルスの収束後も引き続きリモートワークを推進することを発表している企業もある。

非常事態宣言中に在宅で仕事をしていた人の中には、自宅で仕事をすることの難しさを感じている人も多く、リモートワークをする人にとって「仕事をするための場所」への需要は確実に高まりつつある。

「ニューノーマル」という言葉もあるように、新型コロナウイルスの感染拡大から世の中の流れは大きく変わるとされているが、これを機に働き方が大きく変わっていくと予測される。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました