コロナ禍で移り変わるビュッフェのかたち

Business

大皿に並べられたたくさんの種類の料理から、好きなものを好きなだけとって食べられるビュッフェだが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、トングの共有や料理を取るために多くの人が並ぶことに対し懸念の声が広がるようになった。

実際にビュッフェスタイルの料理提供を中止しているホテルやレストランも多く、ビュッフェのこれからの在り方が問われている。

ビュッフェのメリット

そもそもビュッフェスタイルがここまで広がったのにはビュッフェの特徴がレストラン側にも顧客側にも大きなメリットであったためだ。

1つにビュッフェは品数は多いものの、大皿で提供できるうえ料理をとるのも顧客自身が行うため、人員の削減につながる。

顧客にとっても好きなものを好きなだけ食べられるので、お得感を味わうことができる。

 

実際に加賀料理の料亭である「日本橋浅田」が手がける和洋のビュッフェを提供している三井ガーデンホテル日本橋プレミアでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いビュッフェスタイルの提供をやめ、プレート形式のセットメニューを提供している。

お得感が軽減したことにビュッフェが人気であったことも相まって、顧客からは残念だという声もあがっているという。

コロナとビュッフェ

現在は外出自粛の影響からホテルや飲食店の稼働率も低いため、ビュッフェを中止しプレート形式で提供してもオペレーションは回っている。

しかし今後稼働率が上がっていくと、人員の確保やそれに伴う人件費の確保が必要となり、プレート形式の提供を考え直さなければならない。

一方で新型コロナウイルスの状況によっては安易にビュッフェを再開できないという現状もあり、ホテルやレストランはその選択を迫られる日が来るかもしれない。

新しいスタイルでビュッフェを再開する店舗も

一方でプレート形式の提供に変更せず、新たなスタイルでビュッフェ形式を継続しているレストランもある。その一つが「星野リゾート」だ。

星野リゾートの経営する「星野リゾート リゾナーレ熱海」にある「スタジオビュッフェ もぐもぐ」では引き続きビュッフェを提供している。

しかしその提供方法には感染を防ぐあらゆる工夫がなされていた。

 

まずレストランに入る前に利用客は手指のアルコール消毒をしなければならず、レストランの利用客はチェックイン時に検温をした宿泊者に限られる。さらにレストランの利用は完全予約制となっており、時間によって混雑しないよう入店人数を調整している。

利用客はレストランの入り口で消毒後、用意されているマスクと手袋を着用してビュッフェボードへ向かう。

さらに料理には飛沫感染を防ぐためのアクリル製のカバーがすべての料理に設置されている。

 

また料理をとるときの混雑を防ぐために、足元にはソーシャルディスタンスを保つことを呼び掛ける靴型のマークが描かれ、無意識に利用客同士の感覚が狭まることを防ぐために、料理の間隔は広く設定されている。

料理の配置も利用者同士となり合わせや背中合わせにならないように工夫されていた。

 

利用客が触れるビュッフェボード、テーブル、イス、トングといったアイテムにはすべて特殊皮膜のコーティングがなされていることも工夫の一つだ。

空港などでは以前から使われていたものを応用してレストランで利用しているという。

この特殊皮膜はインフルエンザウイルスの感染能力を無力化することが確認されており、新型コロナウイルスへの効果も期待して星野リゾートの経営する施設全体で導入を進めている。

 

手袋を付けてトングを持つと、中には滑りやすくとりにくいメニューもあるとの意見もあるものの、星野リゾートでは、「わずらわしさがあるかもしれないが、わずらわしさがあるぐらいの対策を取ることが安心につながる」とし、引き続き新型コロナウイルスへの対策を強化していく。

しかし取りにくさや滑りにくさといった点については、これからトングの材質や皿の形などで改善を予定しているという。

 

飲食業界をはじめ、各所で新型コロナウイルスの感染拡大防止策が講じられている。

確実に効果がある対策が発表されていない以上、今ある情報から万全だと思われる対策を講じるほかない。

世間は外出を自粛するか経済を回すかの二極化してきているが、これからは感染を防ぎながら経済を回していかなければならないのかもしれない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました