としまえんの跡地がハリー・ポッターのテーマパークに

Business

18日に、8月末の閉園を発表している東京都練馬区にある「としまえん」の跡地に「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 -メイキング・オブ ハリー・ポッター」がオープンするとして、関係者間で本契約が締結されたことが発表された。

同施設のオープンは2023年の前半を予定しているという。

ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 -メイキング・オブ ハリー・ポッターの概要

今回契約が結ばれた「スタジオツアー東京」は、ロンドンに次いで世界に2番目にオープンする。

スタジオツアー東京内には映画「ハリー・ポッター」シリーズで実際に使用された衣装や小道具などが展示され、来場者に映画の舞台裏を紹介する。

スタジオツアー東京では、「ハリー・ポッター」にくわえ、その後引き継がれた「ファンタスティック・ビースト」の2つの映画の世界観をより深く知るためにあらゆる仕掛けが用意されるという。

さらに映画製作者が実際に設計、製作した映画セットの中を探索できるほか、映画内のシーンを実際に体験できるコーナーが設置される見込みで、原作本の世界観がどのように映画に表現されていったのかを知ることができる。

 

18日はワーナーブラザーズスタジオツアーとワーナーブラザースジャパン合同会社、西武鉄道および伊藤忠商事、芙蓉総合リースが連携して施設開発に関する契約を締結した。

ワーナー・ブラザース会長兼CEOであるアン・サーノフ氏は今回の契約に関して、「ハリー・ポッター」を日本で展開できることを嬉しく思うと述べている。

さらに「としまえん」は緑地の美しい観光地として定評があり、建設場所として理想的な環境を整えていることに注目していると言及。

地域環境との調和を大切に実現できることを楽しみしている旨のコメントを残している。

 

連携している西武ホールディングス代表取締役社長で西武鉄道取締役会長である後藤高志氏は、豊島園駅の回収を含むあらゆるプロモーションプランを検討し、価値向上に取り組むと述べた。

今後、西武線沿線にさらなる賑わいを生み出していくことに期待が高まる。

イギリスにあるワーナー ブラザーズ スタジオ ツアー メイキング オブ ハリー ポッター

ハリー・ポッターのスタジオツアーがオープンした世界で初めての場所がイギリスのロンドンである。

ロンドンのスタジオツアーは非常に人気があり、予約を取ることも困難なほど。

館内には映画内でも頻繁に登場するような大ホールに衣装が展示されていたり、ハリーが住んでいた階段下の部屋のセット、ハリーたちが魔法学校へ行く際に使っていたホグワーツ・エクスプレスなどなど、ハリー・ポッターファンにはたまらない展示やアクティビティが盛りだくさんだ。

施設は次々に新しいエリアが登場しており、何度も行っても楽しめる工夫がなされている。

 

なおロンドンのスタジオツアーの入場料は45ポンド(約6,300円)となっているものの、日本での入場料金は発表されていない。

SNSの反応

SNSではハリー・ポッターファンをはじめ、多くの人が今回の発表を喜んでいる様子がうかがえた。

一方でハリー・ポッターのみでテーマパークとして成立すつのか、来客見込みがあるのかを不安視する声も上がっている。

 

新型コロナウイルスの影響で現在日本にあるテーマパークも大きく影響を受けている。

2023年までには経済面でもインバウンドを含む観光の側面でも回復していてほしいところではあるが、それを加味せずとも、新しいテーマパークの行く末には注目が集まっている。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました