米ハーバード大学のオンライン授業が無料で受講可能に|申し込み方法とネットの反応

Business

ハーバード大学では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、すべての授業をオンラインに移行している。

その一環で、ハーバード大学の授業を2021年までオンラインで無料で受講することができるという。

ハーバード大学が授業のすべてをオンラインに移行

3月10日に大学側は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、すべての授業をオンラインに移行していた。キャンパス内に人が集まり、さらなる感染の拡大を防ぐ目的だ。

大学では発表があった3月10日から3月23日をめどに、すべての授業を対象として順次オンラインへと移行し始めた。

これにより学生はオンライン上で授業を受け、単位取得などの条件を満たさなければならなくなった。

春の休暇が終了後は、学生はキャンパスに戻ることを原則禁止されており、授業のみならずキャンパス内での活動や交流が厳しく制限されているという。

オンライン移行とともに授業を無料化

ハーバード大学では授業のオンライン化に伴い、一部の授業を無料化し、ハーバード大学に所属する学生以外も受講できるようになった。

受講できる授業はプログラミング、ビジネス、人文科学、宗教、フィットネスなど多岐に渡り、その中からプログラミングの授業やビジネスの授業など、魅力のある授業が無料になっている。

 

例えばCS50というプログラミングが学べる授業であれば、「Git」、「HTML、CSS」「Flask」「SQL」「APIs」「JavaScript」などをデータベースの設計、スケーラビリティ、セキュリティ、ユーザーエクスペリエンスなどを通して学ぶ。

ほかにも、APIの作成、インタラクティブなUIの作成、GitHubやHerokuなどのクラウドサービスの活用についても実践的に学ぶことができ、このコースを修了することで原則や言語、インターネットのアプリケーションの設計を展開を可能にするツールに関する知識が得られる。

授業は2週間で、週に6時間から9時間の時間を要する中級者向けの授業だ。

オンライン授業の申し込み方法

授業を受けるにはハーバード大学のサイトから受講の申し込みが必要である。

Online Courses
Browse the latest online courses from Harvard University, including "Researching Disparity: Methodology and Models" and "Caring for Refugees and Asylum Seekers....

 

上記のサイトから受講したい授業を選び、ページ内の「TAKE COURSE」のリンクから授業の受講を申請することが可能。

続くページで、その授業が次どのタイミングでスタートするのかや、授業のさらな®情報が表示され、「Enroll」と書かれたリンクから次に進む。

受講の申請には「edX」というサービスへの登録が必要だ。

SNSの反応

SNSではハーバードの授業が無料で受けられることに関して、多くの人が授業の受講に対して積極的な姿勢を見せている。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リモートワークが推進されたり、外出自粛の影響で、これまではあまりとれなかった自分の時間を確保できる人が増加している。

できた自分の時間で新しいスキルを身に着けようと行動する人も同様に増加しており、その環境もつぎつぎに整っていっている。

新型コロナエウイルスで経済や観光などネガティブな影響が出ていることも多いが、逆にチャンスをつかめる環境も増えてきている。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました