新しいAppleのプライバシーポリシーがターゲット広告に痛手になる可能性

Business

アメリカ時間で8月26日、Facebookは「Appleが新しく実施するプライバシーポリシーがターゲット広告に打撃を与える可能性がある」と発表した。

新しいプライバシーポリシーは「iOS 14」のリリースに合わせて実施される予定で、これによりFacebookのネットワーク広告を導入しているiPhoneアプリのユーザーに向けたターゲット広告の配信が難しくなる可能性があるという。

Facebookが提供するターゲット広告

現在Facebookは外部アプリの開発者やパブリッシャーに向けた「Audience Network」というサービスを提供している。

このAudience Networkでは、Facebookのターゲッティング広告機能を利用して、数千ものモバイルアプリ上に広告を表示することが可能だ。

Facebookでは、同社が提供しているSNSアプリを利用しているユーザーから得たデータを収集し、広告主が年齢や現在地といった条件に基づいて潜在顧客にターゲット広告を表示できるサービスを行っている。

Appleがリリースする新しいプライバシーポリシー

一方のAppleは2020年秋から、新しいモバイルOSのバージョンである「iOS 14」をリリースするとされている。このアップデートの一環として実施されるのがプライバシーポリシーの変更である。

Appleではセキュリティー上の理由から、ユーザーが許可しない限り、アプリがiPhoneやiPadの個体番号を識別するための「IDFA(広告識別子)」と呼ばれるデータを収集、共有できないようにしようとしているという。

現在IDFAは、Appleユーザーの端末にランダムに生成して割り当てられており、企業広告のターゲッティングやターゲッティングされた広告の効果を測定するために利用されている。

今後のターゲッティング広告

Facebookはブログにて、「Audience Networkを利用する開発者やパブリッシャーに対して我々が提供する、iOS 14上にターゲット広告を表示するための能力が制限されることになる。その結果、iOS 14ユーザーによっては、Audience Networkからの広告がまったく表示されなかったり、表示されるが関連性が低くなったりする可能性がある」と述べている。

さらに「iOS 14端末では、Facebook・WhatsApp・Instagram・MessengerなどのFacebook製アプリはIDFAを収集しません」と発表した。

本来Facebook側はこういった変更を加えたくなかったものの、AppleによるiOSのアップデートにより変更せざるを得なかったと説明しているという。

 

Facebookは今回発表されたAppleによるプライバシーポリシーの変更について、Audience Networkサービスの有効性が低下するとともに、iOS 14において同サービスを提供する意味がなくなる可能性があるとしている。

またサービス提供の意義を失うということは、ターゲット広告が減るということを意味し、広告主がアプローチしたい層に向けて効果的にキャンペーンなどの情報を展開できなくなるだけでなく、パブリッシャーやアプリ開発者においては広告収入が減少することを指す。

現段階ではiOS 14については、パブリックベータ版が配信されているのみであるため、パブリッシャーやアプリ開発者への影響について具体的な数値を算出することは難しいものの、Facebookが実施したテストでは、Audience Networkにおけるパブリッシャー収益は50%も減少することが予想されている。

 

Facebookでは今回のiOS 14のアップデートにおけるプライバシーポリシーの変更について、「開発者のエコシステムに大きな影響を与えるため、プラットフォームに関するポリシー変更には業界の協議が不可欠であると考えている」と言及し、Facebookを含めた広告ネットワークに相談することなく、プライバシーポリシーに仕様を変更したAppleに対し不満をあらわにしている。

 

アメリカでのTikTokにおける一連の問題から、アプリに関するセキュリティーは問題視されてきているものの、今回発表されたAppleのiOSのアップデートは、インターネット広告業界に波紋を広げている。

これからプライバシーポリシーの変更による広告の変化や、他社のプライバシーポリシーの変更について目が離せない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました