安倍首相が辞意を表明|持病の再発を機に辞任を決意

Business

28日、安倍晋三首相は記者会見を開き、首相の職を辞任する意向を明らかにした。

辞任の理由は持病である潰瘍性大腸炎が再発したことだとし、会見で「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することといたします」と述べた。

安倍首相の持病について

安倍首相は2006年から2007年の第一次政権時代にも潰瘍性大腸炎の悪化を原因に首相職を辞任している。

その後復帰を果たした経緯について、新しい薬の効果により「この8年近くの間しっかりと持病をコントロールしながら、なんら支障なく、総理大臣の仕事に毎日、日々全力投球することができた」と説明した。

しかしながら今年6月の定期検診にて持病である潰瘍性大腸炎の再発に兆候が見られると診断されていた。

 

持病が再発したことについて安倍首相は、「薬を使って職務をあたってきたが、先月中頃から体調に異変が生じ、体力をかなり消耗する状況となった。8月上旬には潰瘍性大腸炎の再発が確認された。現在の薬に加えてさらに新しい薬の投与をすることにした。今週初めの再検診で、投薬の効果があることが確認されたものの、投薬の継続的な処方が必要であり、余談を許さない(状態だ)」と述べたという。

そういった状況を踏まえ、政治において最も重要なことは結果を出すことであることに触れ、安倍政権発足以来このことに言及し、7年8か月もの間結果を出すために全身全霊を捧げてきたと話した。

一方で病気と治療を抱えていることで体力が万全ではないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ることや結果を出さないことがあってはならないと考えて辞意を表明した。

28日に行われた会見の内容

安倍首相の会見では、辞任の意向意外にもこれからの新型コロナウイルス対策についてや、安全保障の現状などについても言及した。

 

今後の新型コロナウイルスの対策については、経済と感染症予防を両立しながら対応することは可能で、今後は高リスク患者への対応に重点を置くとのこと。

また検査能力を拡充し、冬までにインフルエンザとの同時検査で1日に20万件の検査を目指すという。

さらにこれまで新型コロナウイルスは2類感染症以上の扱いとしてきたもののこれを見直し、無症状や軽症の患者は自宅での療養に切り替える方針だという。

 

辞任の意向をこのタイミングで示したことについては、安倍首相本人も新型コロナウイルスの対策が迫られる中、辞任の判断を最後まで悩んだものの、7月以降感染拡大が減少に転じたことや、冬を見据えた対応の手を打ったことから、このタイミングで辞めることを決断したそうだ。

またこれまで安倍政権の期間中に「あらゆる結果を出せてこれたことは国民の皆様のおかげだ」と感謝の意を示しながら、任期を1年残したまま新型コロナウイルスの対策をはじめとした政策が進行中のいま辞任することは「国民の皆様に申し訳ない」と心情を語った。

在任期間中の職務について、拉致問題を自身の在任期間中に解決できなかったことを悔やむとともに、ロシアとの外交についても断腸の思いであることを述べた。

次の自民党総裁の選出方法については、執行部に一任しているとし、誰に任せるなどということについて言及するつもりはないと話した。

SNSの反応

SNSでは今日日本中を駆け巡った報道についてあらゆる意見が飛び交っている。

 

安倍首相は、8月24日に首相としての連続在任期間が2,799日となり、佐藤栄作元首相の記録を上回って歴代最長となったばかりであった。

また2006年から2007年の第一次政権時代を含む通産の在任期間も昨年歴代最長となっており、連続在任期間、通算在任期間ともに過去最長であった。

世論では今回の辞任について、「逃げた」という意見や「長い間お疲れ様」という意見などさまざまな意見が飛び交っているものの、自身の持病とも戦いながら新型コロナウイルスの対応に追われていたことを思うと、安倍首相をいたわる気持ちにならざるを得ない。

次の自民党総裁に関してはこれからさまざまな報道がなされるだろうが、今後も自民党の動きから目が離せない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました