英アストラゼネカが新型コロナウイルスのワクチン開発に伴う臨床試験を一時中断

Business

イギリスの製薬会社であるアストラゼネカは、オックスフォード大学とともに開発を進めていた新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を一時的に中断していることを明らかにした。

詳細は明らかにしていないものの、安全性に関するデータを検証するための中断だと発表している。

【関連記事】

新型コロナウイルスのワクチン確保に向けチームを発足
20日、加藤勝信厚生労働相は新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン確保のため、弁護士を入れたチームを発足する予定であることを発表。 イギリス製薬大手のアストラゼネカを含む3,4社と交渉を進める見込みだ。 新型コロナウイルスの...

アストラゼネカの臨床試験中断

8日、イギリスの大手製薬会社アストラゼネカは、ヒトでの安全性や有効性を確かめるためにイギリスやアメリカで実施しているワクチンの最終段階の臨床試験を一時的に中断したとの声明を発表した。

声明は「独立した委員会が、安全性のデータを検証するためだ」としたうえで、「大規模な臨床試験では、試験の参加者に何らかの症状が出ることがあり、独立した検証を行う必要がある」としている。

一方で臨床試験内でどのような症状が出たのかについての詳細は明らかにしていないという。

今回の件に関してアストラゼネカは、「開発のスケジュールへの影響を最小限にとどめつつ、試験の参加者の安全にも十分配慮する」と述べている。

 

新型コロナウイルスのワクチンの開発については、中国やアメリカなど各国で実施されているものの、アストラゼネカとオックスフォード大学が取り組むワクチン開発は、世界でも最も進んだものとしても知られていた。

日本政府はアストラゼネカが開発に成功した場合には、来年初めから1億2,000万回分、2回接種で6,000万人分のワクチン供給を受けるとの基本合意を交わしている。

 

しかしながら新型コロナウイルスのワクチンの開発に関しては、各国で実用化が急ピッチで進められている中、過去に例のないスピードで進められており、専門家からは安全性を十分に検証するよう求める声も上がっている。

アストラゼネカの臨床試験中断に伴い日本での臨床試験も中断

アストラゼネカの実施する新型コロナウイルスのワクチン開発における臨床試験は、先月下旬から日本でお進められていた。

アストラゼネカによると、日本国内の複数の施設において18歳以上の約250人を対象に臨床試験を行う計画であったという。また臨床試験ではワクチンを接種した人と摂取していない人を比較し、安全性や有効性を検証する予定であった。

しかし今回の件を受け、日本で実施予定であった臨床試験も安全性の確認のために中断を余儀なくされている。

専門家は今回の判断を評価

アストラゼネカが新型コロナウイルスのワクチン開発に伴う臨床試験を一時的に中断したことについて、ワクチン開発に詳しい東京大学医科学研究所の石井健教授は、「どのような事情で止まったのか分からないが、臨床試験が止まることは時々あることで、一喜一憂すべきではない。ワクチンは一度打つと、元には戻らない免疫反応を起こすので、安全性に問題があってはいけない。しっかり安全性を見るのがワクチンの臨床試験の基本で、有害事象が起きて止まること自体は何ら問題ないし、止めないで進めてしまうほうがリスクが高い」とコメントしている。

さらに石井教授は「最終段階にあたる第3回の臨床試験は、数か月ではなく、何年も続くことが普通で、オリンピックやアメリカの大統領選挙までに終わらせないといけないという政治的な圧力がかかる事態のほうがリスクだ。このプレッシャーの中でしっかり止めて様子を見る決断をしたのは正しい判断だと思う」とアストラゼネカの判断を評価した。

菅官房長官も今回の件に言及

午前中に行われた会見にて、菅官房長官は「厚生労働省で、企業から詳細な情報を収集していると報告を受けている。ワクチンは、来年前半までに、全国民に提供できる数量を確保することを目指し、わが国で承認申請があった場合は、治験などのデータと最新の科学的知見に基づき、有効性と安全性の確保の観点から、承認の可否については適切に判断していく」と述べた。

また厚生労働省は、「症状が出た場合に安全性などを調査するのはワクチンに限らず臨床試験では一般的に行われることだ。安全対策などを詳しく検証したうえで再開の可否を判断してもらう必要がある」と発表している。

 

日本政府は、アストラゼネカは開発するワクチンについて、来年前半までにすべての国民が摂取できる量を確保する方針を打ち出しており、この目標に向け、現在欧米の複数の製薬会社と、開発に成功した場合にワクチンの供給を受けることについての交渉を進めている。

そのなかでもアストラゼネカとは、先月に6,000万人分のワクチンの供給を受けることで基本合意しており、さらにこのうちの1,500万人分に関しては来年3月までに供給を目指すことで話が進められていた。

 

経済の衰退も続く中で、ワクチンの開発が急がれているものの、ワクチンによって健康被害が出てしまっては本末転倒である。

そのような中でワクチンを早急に供給することよりも、健康被害への影響を考え一時中断したアストラゼネカの判断は英断と言える。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました