個人が保有している「現金・預金」が過去最高に

Business

18日に日本銀行が発表した2020年4月から6月期の資金循環統計において、6月末時点で個人(家計部門)が保有している「現金・預金」は、1,031兆円と前年と比較して4.0%増加した。この数字は過去最高となる。

政府による特別定額給付金の支給により1人10万円が支給されたことが影響したとみられている。

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛が呼びかけられたり、緊急事態宣言が発表されたりしたことでお金を使わずに手元に置く傾向が強まったことが影響している。

「現金・預金」額が過去最大に

「現金・預金」については額だけでなく伸び率も過去最大となった。

その伸び率は現金が97.2兆円と前年と比較して4.8%増加、預金は933.3兆円と前年と比較して4.0%増加している。なお日本銀行の大規模金融緩和政策により、預金においては金利がほぼ憑かなくなっている。

増加の背景として、前述の通り新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあるが、高齢者を中心に自宅のタンスや食器棚などで現金を保管するいわゆる「タンス貯金」が増加しているとみられており、現金の伸び率が貯金の伸び率を上回っている。

株式などの金融資産も増加

株式などを含む個人の金融資産の残高も1,883兆円と1.8%増加していた。

現金・預金の額や伸び率が増加した一方で、株価が下落した影響を受け「株式等」の項目は173兆円と4.3%減少している。

しかしながら3月末時点と比較すると株価は回復しており、現在ではマイナス幅は減少している。

 

また金融資産のうち、現金・預金が占めているのは54.7%であった。個人のお金が現金や預金に集中する傾向は依然として続いており、消費や投資に十分にお金が回っていないことがわかる。

一方で民間金融機関における貸し出しは942兆円と7.6%増加しており、この金額は過去最高となる。さらに金融機関を除く民間企業向けの貸し出しにおいては、354兆円と10.2%増加し、前年と比較し大幅に増加している。

 

これらの結果を受け、金融機関を除く民間企業の金融資産は1,185兆円と4.8%増加している。

中でも現金・預金が308兆円と16.3%増加し、金額、伸び率ともに過去最高の数字を記録した。企業においても起業が手元の資金力を温存している現状が数字からも明らかとなった。

増加の背景とは

前述の通り、個人における「現金・預金」の額や伸び率が増加した原因には、新型コロナウイルスの感染拡大が影響しているという見方がある。

外出自粛が呼びかけられたことにより、お金を使う機会が減少したことや、いざというときのために貯金を始めた人が多いことが要因の一つだ。

さらに政府が、経済政策として実施した10万円の特別定額給付金も所持している現金、預金額を増加させた要因として考えられており、このことから支給された10万円を使わずに貯金している人も多いことがわかる。

 

安倍首相が総理職を辞し、新たに菅総理が誕生し、新たな経済政策として再度10万円の給付を計画していることが報道されているが、前回よりも経済状況が悪化していることから、10万円を使う人よりも貯蓄に回す人が多いのではという声もある。

現金や預金額が増えていることは、一見すると経済状況が回復しているかのように見えるが、今回の場合は貯蓄が増加していることが原因とされている。

ただでさえ厳しい経済状況を回復させるためには、コロナが収束してから消費活動が活発になるような政策やキャンペーンを画策することが求められている。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました