東京都内旅行のGo Toトラベル利用に5,000円上乗せ補助を発表

Business

東京都が24日に都民による都内の旅行で、「Go To トラベルキャンペーン」を利用した場合に1泊あたり5,000円、日帰りの場合は2,500円の上乗せ補助を10月下旬に始めることを発表した。

「Go To トラベルキャンペーン」に上乗せ補助することで、政府の進める事業との相乗効果を狙っている。

東京都で10月1日から「Go To トラベルキャンペーン」が開始の見通し

「Go To トラベルキャンペーン」は、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている観光業界を活性化させることを目的に、政府が進めている事業「Go To キャンペーン」の一環である。

全国的に7月からキャンペーンはスタートしているものの、東京都で緊急事態宣言解除後に再び新型コロナウイルスの感染者が増加したことから、東京都発着の旅行についてはキャンペーンの対象から除外されていた。

 

除外されることが発表された当時は、すでに東京発着の旅行を申し込んでいた人も多数いたことから、多くの人からの反発があったものの、9月18日にこれまで対象外となっていた東京都発着の旅行に関しても10月1日から「Go To トラベルキャンペーン」の対象になる見通しだ。

 

【参考記事】

Go To トラベルキャンペーン東京発着の予約がスタート
18日正午、政府が実施する観光支援事業である「Go To トラベルキャンペーン」の割引を適用した東京発着の旅行の予約が解禁された。対象となる旅行は10月1日以降の出発分だ。 事前に予約することにより旅行者が計画を立てやすくすることで、...

「Go To トラベルキャンペーン」の開始に伴い都は上乗せ補助を発表

今回発表された上乗せ時補助は、東京都の独自の財源を使って行われる。

都民が都内を旅行する場合に限り、既定の金額を上乗せ補助する制度である。なお、政府の実施する「Go To トラベルキャンペーン」との併用も可能だ。

 

前述の通り、東京都は全国的に「Go To トラベルキャンペーン」が始まった7月22日の段階で、感染者が増加していることからキャンペーンの対象外となっており、2か月遅れで事業を開始することとなっている。

これを受け、小池百合子東京都知事は「Go To トラベルキャンペーン」による旅行代金の35%割引に加え、上乗せして補助することを政府に要望していた。

さらに都内の旅行会社からは、コロナ禍における厳しい経営状況などを背景に、都や政府に対し支援を求める声が多く寄せられており、今回の制度はこの声に応える形となる。

 

東京都で独自に行われる上乗せ補助が実現すると、都民が都内を宿泊を伴う旅行をした場合、1人あたり1泊5,000円を上限に補助される。

「Go To トラベルキャンペーン」と併用した場合には、キャンペーンの最大金額である2万円と合わせて、合計で最大2万5,000円の補助金額になるという。

さらにバスツアーなどの日帰り旅行もこの補助金の対象となっており、日帰り旅行の場合は半額の2,500円が補助される。

都全体では補助金額について40万泊分を上限としており、約23億円を補正予算に計上しているという。現在18日から開会されている都議会定例会に提出される予定だ。

SNSの反応

SNSでは今回の発表について賛否両論さまざまな意見が飛び交っている。

 

なお東京都の「Go To トラベルキャンペーン」については、現在正式に開始されるという発表は行われておらず、現在感染状況を踏まえながら、実施についての検討が進められている。

実際に「Go To トラベルキャンペーン」が開始し、東京都の補助も加わると最大で2万5,000円もの補助がうけられるとあって、多くの人が旅行に行くことも予想される。

実際に9月の4連休には全国各地で久しぶりに多くの観光客が観光地を訪れる姿が見られており、今回の制度が実現すると、苦境を強いられている観光業界にとって観光客増加に一役買うことは間違いないだろう。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました