Google予算1050億の新サービスを立ち上げ

Business

Googleでは長年多くのニュースメディアに対して、友人であると同時に敵であるという立場を取っていた。

というのも、読者がGoogle上で記事の要約を読んでリンクをクリック、掲載元のメディアを訪れることでのみ、オンラインニュースメディアにページビュー数を促すことができるからである。

このように広告を掲載する企業やメディアは、検索大手、広告大手に恩義を感じるシステムが構築されており、このシステムがGoogleへの依存をなくし有料のコンテンツなどで、これとは別の収益モデルを構築、生き延びるすべと繋がっていた。

Googleが新たなメディアを立ち上げ

こういったメディアや企業に対し、Googleが新しく選択肢を一つ提供しようとしている。それが新たなメディアの立ち上げだ。

10月1日にGoogleは、「Google News Showcase」の立ち上げを発表した。これはGoogleがニュース出版業界の信用を取り戻す取り組みとなると予想されている。

GoogleのCEOであるSundar Pichai氏は、「Google Newsに登場する新しいストーリーパネル向けに『高品質のコンテンツを作ってキュレートするため』に、コンテンツ出版元に記事使用料として総額10億ドル(約1,050億円)を支払う」とブログへ投稿した。

Google News Showcaseは、先にAndroidデバイスのGoogle Newsに搭載され、続いてiOSデバイスにも搭載されるようになるという。

 

Sundar Pichai氏によると、Google News Showcaseは最初にドイツをブラジルで展開されるという。その後、インド、ベルギー、オランダへとサービスを拡大、続々とあらゆる国へとサービスが拡大する予定だ。

Googleはすでにドイツ、ブラジル、アルゼンチン、カナダ、英国、オーストラリアの出版元200社と提携し、サービスの立ち上げとともに使用されるメディアは、Der Spiegel、Stern、Die Zeit、Folha de S.Paulo、Band、Infobae、El Litoral、GZH、WAZ、そしてSooTodayだとされている。

 

Google News Showcaseの発表資料を見ると、サービスはコンピューターやタブレット端末よりもスマートフォンのようなモバイルデバイスをターゲットとしていることがわかる。

モバイルプラットフォームオペレーターであるGoogleでは、過去何年にもわたって出版元やニュースメディア業界とあらゆる方法に取り組んできた。取り組みはGoogleの意向であったり、外部からの圧力を受けて取り組まれたものであったりさまざまだ。

Googleは過去に著作権で起訴されたことも

新しいサービスを展開するマーケットの中に、Googleとコンテンツの再利用に関する著作権使用料をめぐって1年にもわたり裁判を続けていた、ドイツが選ばれていることにも注目が集まっている。

Googleは最終的に裁判で勝訴したものの、世論においては勝利とは言えない結果となっている。

Googleがドイツだけでなくほかの国においても、多く独占禁止の調査に直面していることを考えると、「パワフルで民主的な社会の中心にあるメディアの運命に無関心である」というイメージを改善することに取り組むのは重要だといえる。

新たなサービスとこれまでのサービスの違い

今回の取り組みは、キュレーションを行いニュースを自ら製作しているメディアをベースにしているという点で、これまでGoogleが取り組んできたサービスとは大きく異なる。

Googleではこれまで多くのプロジェクトを立ち上げ、展開するものの、最終的に失敗すると打ち捨てるとも言われている。

このことを踏まえ、今回発表したGoogle News Showcaseは3年間は展開するということを約束している。

一方でSundar Pichai氏はサービスを継続する機関について、「『最初の3年間以降も継続する』計画であり、同社は世界中のニュースパートナーの全体的な持続可能性に寄与することに注力する」と言及している。

 

さらにSundar Pichai氏はメディアのビジネスモデルに関して「広告と購読で収入を得る新聞のビジネスモデルは、視聴者がラジオやテレビ、後になってからはケーブルテレビや衛星ラジオなど他のニュースソースを利用するのに伴って1世紀以上かけて徐々に進展してきた」と述べている。

「インターネットが直近のシフトであり、もちろんこれが最後ということにはならない。他の企業、政府、市民社会とともに、当社は21世紀のジャーナリズムが生き残るだけでなく繁栄するようサポートすることで役割を果たしたい」と話すSundar Pichai氏の考える通り、Googleがメディアの繁栄を支援することができるかに注目が集まっている。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました