駅ナカオフィスの設置で今後の需要に変化か

Business

10月1日から東京都発着の旅行も「Go To トラベルキャンペーン」の対象となったことで、東京都をはじめ国内の観光事業が少しづつではあるが回復傾向にある。

しかしながら旅行需要の完全な回復は新型コロナウイルスの収束意向とみられており、コロナの長期化による旅行需要の減少で大きく業績が悪化することが予測されている鉄道会社においては、旅客以外の方法でリソースを活用し、利用客の増加につなげようと対策を打ち出している。

その一つとしてJR東日本が導入したのは駅ナカに設置したテレワークブースだ。

旅行需要以外の部分でJR東日本の新たな取り組みとは

JR東日本では旅行需要の減少により業績が悪化していることを受け、リソースを有効活用するための手段としてテレワークブースを設置した。

これは駅の改札内や改札外にある空きスペースを活用したものである。

JR東日本では、今後1年をめどに東京近郊の主要駅を中心に100か所を目標としてシェアオフィスの設置を進めている。

さらに東京メトロでも今回JR東日本で導入されたサービスと同様の、ワークブス「ココデスク」のサービスを市ケ谷、溜池山王、六本木一丁目といった駅でスタートさせている。

料金はJR東日本、東京メトロどちらも15分250円で、1時間あたりの利用料金は1,000円となる。

駅ナカに作業スペースを設置するメリットとは

今回両社が発表した駅ナカオフィスは、利用登録やブースの予約がWebから簡単にできる。

ほかにもこういったk質のブースタイプのワークスペースが人気を博しているのは、冷暖房完備、机やいす、電源やWi-Fi、モニターといった設備が充実しており使い勝手がいいからというだけではないという。

 

地域交流サイトを運営しているPIZZAと投資会のマーキュリアインベストメントが実施したテレワークに関する調査において、6割を超える回答者が、自身や家族がテレワークを行っているものの、その中で4割の人は自宅に専用のスペースがなく、リビングなどの共有スペースで作業をしているということが分かっている。

駅ナカブースは、このような専用の作業スペースがない人の需要が高く、そういった人の利用が多い。

 

実際に自宅に専用スペースがないために、駅ナカブースをはじめとした個室ブースをよく使用しているという30代会社員のFさんは、次のように話している。

「パソコンやスマホで完結する作業やちょっとした電話などはリビングでできますが、オンラインでの会議や打ち合わせの時に家族がいると支障が出るので、主にこうしたときに最寄り駅の個室ブースを使っています。ブースの中は人2人がようやく立てる程度の広さですが、椅子の座り心地も快適ですし、外の音もある程度遮断されているので、快適に仕事ができてかなり使い勝手がいいですね」

 

なお、Fさんによると駅ナカに設置された個室ブースは、オフィスビル内に設置されたシェアオフィスよりも気軽に利用できるというメリットもあるという。

在宅ワーク、テレワークが広がっていく中で、今後はこういった個室ブースの増加とともに、駅ナカワーカーが増加していくのではないだろうか。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました