アビガンを新型コロナウイルスの治療薬として申請

Business

インフルエンザの治療薬として使われている「アビガン」の開発会社である「富士フイルム富山化学」は、16日新型コロナウイルスの治療薬として国の承認を求める申請を行ったことを発表した。

富士フイルム富山化学の開発する「アビガン」

「アビガン」は、前述の通り富士フイルム富山化学が開発した抗ウイルス薬で、新型インフルエンザの治療薬としてすでに承認されていることから、新型コロナウイルスの治癒効果が期待されていた。

前月にも同社は、新型コロナウイルスの患者を対象とした治験の結果を発表。アビガンの投与によって症状が改善しPCR検査で陰性になるまでの期間が、平均して2.8日間短縮される効果が確認できたとしている。

また、アビガンは一時その副作用が問題となっていたものの、治験においてこれまでに知られている以外の副作用はみられず、安全性に関する新たな懸念はなかったという。

 

この結果を受け同社は、16日にアビガンについて新型コロナウイルスの治療薬として正式に承認を得るため、厚生労働省に申請を行ったことを発表。

富士フィルムグループでは、「新型コロナウイルスの患者に1日も早く治療薬を届けることで、感染拡大の抑止や流行の終息に貢献していきます」と、今回のアビガン申請について語った。

 

なお新型コロナウイルスの治療薬としては、エボラ出血熱の治療薬として開発がすすめられていた「レムデシビル」がすでに承認されており、ステロイド剤の「デキサメタゾン」が推奨されている。

政府の反応

アビガンをめぐっては、当初から政府の前のめりの姿勢が目立っていた。

感染防止策を前提としながら社会経済活動の回復が急がれる中で、感染症への予防、治療といった側面から、ワクチンと並び重要とされているのが治療薬である。

当時の安倍晋三首相は、5月に行った記者会見にて「今月中の承認を目指したい」と発言していたものの、国内の感染者数が減少したことから、治験の参加者が想定通り集まらず、首相の発言から5か月遅れての申請となった。

 

また今回のアビガンの申請について田村厚生労働大臣は、記者会見にて「安全性や有効性をしっかりと精査したうえで、最終的に承認するかを判断したい。どれくらい時間がかかるかは、データの内容を見ないと分からないが、緊急事態であると認識しており、しっかり精査させてもらう」と、対応を急ぎながらも慎重性を期すことを示唆した。

さらに加藤官房長官は、16日に行った記者会見で「今後、厚生労働省で審査を行い、安全性と有効性が確認されれば承認されることになる。医薬品の承認申請にあたっては、申請データに基づき、有効性や安全性を確認し評価していく。どういうデータが出てきているのかも踏まえて、審査がなされていくと思う」と、申請後の流れについて言及した。

 

アビガンの主な効果は、細胞に入ったウイルスの増殖を抑えることにある。投与される対象者については軽症の患者が想定されており、早期に投与することでウイルスの増加を防ぎ、重症化の予防につながるとの期待が高まっている。

一方で、数日早く熱が下がることにそれほど大きな意味があるのかと疑問視する専門家も少なくない。

 

日本では一時は急増していた感染者も、草原を繰り返しながらも減少傾向にある。しかしながら経済は、新型コロナウイルスの感染拡大以前と同水準に戻ったとは言えず、ヨーロッパでも再び感染者が急増していることからワクチンや治療薬の開発が急がれている。

今回のアビガンの申請が承認されるかどうかに注目が集まっている。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました