アップルのサブスクリプションサービス「Apple One」が日本で提供開始

Business

Appleは9月15日(日本時間9月16日)に実施した新製品発表会時に発表していたサブスクリプションサービス「Apple One」の提供を日本でも開始した。

このサブスクリプションサービスは、Appleが提供しているサービスを1つにまとめて登録する代わりに料金が割引になるものである。

サービス発表時には具体的なスタート時期については言及されていなかったものの約1か月たってのスタートとなった。

Appleが提供する「Apple One」とは

Appleでは、音楽ストリーミングサービスである「Apple Music」、オリジナルの番組や映画を配信している「Apple TV+」、100以上のゲームを遊ぶことのできる「Apple Arcade」、クラウドストレージの「iCloud」などあらゆるサービスを提供している。

今回、サービスをスタートさせた「Apple One」では、これらの複数のサービスを1つの契約で利用でき、価格も個別に契約するより安くなるというサービスだ。

 

日本で提供されるプランは、「個人」と「ファミリー」の2つのプランだ。

個人プランは、「Apple Music」、「Apple TV+」、「Apple Arcade」、「iCloud」のストレージ50GBがセットになって月額1,100円。それぞれのサービスを個別に契約することと比較してひと月あたり1,210円お得になるという。

ファミリープランでは、個人プラン同様「Apple Music」、「Apple TV+」、「Apple Arcade」に加え、iCloudのストレージが200GBとなる。月額料金は1,850円で、この価格は個別の契約と比較してひと月あたり1,230円お得になる。

他国ではプラスαのサブスクリプションサービスも

アメリカやイギリスなどでは、ファミリープランに日本では未提供の「Apple News+」や「Apple Fitness+」が追加で利用でき、さらに「iCloud」のストレージが2TBとなるプレミアムプランが月額29.95ドルでサービスを開始している。

日本向けにプレミアムプランを提供していないものの、アメリカでは個人プランが月額14.95ドルと日本円だと約1,560円、ファミリープランにおいては月額19.95ドルと日本円では約2,100円と日本で提供されているものよりも割高だ。日本国内版は価格的に優遇されているといえる。

Apple Oneの登録方法

Apple Oneに登録する方法はいくつかある。

ひとつはiOS14が搭載されているiPhoneや、iPadOS14搭載が搭載されているiPadから登録する方法だ。この方法であれば、[設定]>[アカウント]>[サブスクリプションを管理]の順番に選択することで登録できる。

もうひとつはSafariやChromeなどのWebブラウザでApple One公式サイトにアクセスし、Webブラウザ上からApple IDを入力して登録する方法だ。

SNSの反応

SNSではAppleのサブスクリプションサービスに対する感想や、実際に登録したという声があがっていた。

 

10月31日午前時点では、サービススタート直後でアクセスが殺到したためか、登録サーバーにつながりにくい状態もみられた。

ここ数年で音楽や映像コンテンツをはじめ、衣食住にまつわるものまで多くのサブスクリプションサービスが提供されているが、この流れは今後も加速していくかもしれない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました