Facebook第3四半期業績が前年比+22%と発表

Business

10月29日、Facebookは2020年の第3四半期(7月~9月)の業績を報告した。

Facebookの発表では、2020年第3四半期の収益は前年同期と比較して32%増加するなど、非常に好調な成績であったものの、この数字が新型コロナウイルスの感染拡大の影響による一時的な効果であると予測されていることから、2021年は厳しい揺り戻しに直面すると予測されている。

Facebookが発表した2020年第3四半期決算概要

Facebookが10月29日に発表した2020年第3四半期の決算概要は下記の通りである。

第3四半期における売り上げは214.7億ドル(約2兆2,453億円)と、前年同期と比較して22%増となった。その結果、純利益においては前年比29%増となる78.5億ドル(約約8,209億9,617万円)となっている。

Facebookではかねてより「多数の企業による広告ボイコットにもかかわらず収益を増加させている」といわれていたが、今回の決算の発表がそのことを裏付けすることとなった。

さらにFacebookは2020年9月におけるSNSデイリーアクティブユーザー数(DAU)が平均で18.2億人、9月末時点での月間アクティブユーザー数(MAU)が27.4億人に達しており、いずれも前年比で12%増加していることを発表している。

 

Facebookでは今回の発表の中でこのように述べた。

2020年第4四半期の広告収入は、ホリデーシーズンの影響による堅調な広告需要にけん引されることで、今回の報告の成長率を上回ると予想しています。さらに、Oculus Quest 2の受注状況が良好であることから、その他の収益にも恩恵があると考えています。

このように収益増について指摘し、さらに来期も引き続き好調な業績になるとの見通しを示した。

 

好成績となった今回の決算報告について、ロイター通信では「Facebookの売上が22%増の成長を遂げたのは、『前年同期比12%増』というアナリストの予想を上回るものでした」と売り上げ増について評価している。

CNNも「世界的に見て、Facebookは業績とユーザー数の成長の両面で、バラ色の未来図を描いています」とFacebookの業績について評価した。

2021年の業績については反動の懸念も

一方で2021年の業績については厳しい反動が待っているという予測も挙がっている。

Facebookでは「2021年に向けて当社は引き続き大きな不確実性に直面しています。パンデミックの影響で、オフラインからオンラインへの移行が加速しており、広告需要の伸びはその結果であると考えています。オンラインコマースが当社の最大の広告分野であることを考慮すると、この流れが変化した場合、2021年の広告収入の成長には逆風が吹く可能性があります」と予測している。

ほかにも2021年にはiOS14におけるプライバシーポリシーが改訂されることによる広告収入の激減のほか、規則強化による逆風がFacebookを直撃するとの予測もある。

 

Facebookの将来的な成長について、IT計ニュースサイト「The Verge」では、「Facebookにとっての頭痛の種はアメリカでの成長です。今四半期は前四半期に比べ、アメリカのDAUが1億9800万人から1億9600万人に減少した」と問題点を指摘。

これについては、Facebookも報告書の中で、2020年第4四半期も訪米でのユーザー数が横ばい、もしくは減少する傾向が続くのではと予測している。

 

市場調査「eMarketer」の主席アナリストであるDebra Aho Williamson氏は、「コンテンツにモデレーションの問題を抱えているにもかかわらず、幅広い消費者にリーチしようとしているFacebookの姿勢は広告主にとって頼りになりますが、2021年には潮目が変わる可能性があります。今後は、より多くの広告主がFacebookへの依存度を厳しく見直し、Facebookがブランドにとって安全な環境かを自問自答することが期待されています」と、2021年のFacebookへの期待を話した。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました