任天堂の純利益が前年比340%を達成

Business

11月5日に任天堂が発表した2021年3月期第2四半期(2020年4月~9月)累計の連結決算において、売上高が7,695億2,400万円と前年同期と比較して73.3%増、営業利益が2,914億2,400万円と前年同期と比較して3.1倍、純利益が2,131億2,300万円と前年同期と比較して3.4倍と大幅に増収増益となったことが明らかとなった。

他社製品も含めると20のゲームタイトルでミリオンセラーを達成したことで、ソフトだけでなくハードでも売り上げを伸ばしている。

ソフト、ハードの人気が売上を後押し

任天堂では7月に発売した「ペーパーマリオ オリガミキング」が282万本、9月に発売した「スーパーマリオ 3Dコレクション」が521万本を売り上げるなど、新規タイトルが好調な滑り出しを見せている。

既存タイトルの「あつまれ どうぶつの森」も依然良好に推移しており、販売本数が1,427万本(累計2,604万本)にまで到達している。

こういったゲームソフトの好調による合計販売本数は1億25万本と前年同期と比較して71.4%増加し、これに付随する形で「Nintendo Switch」や「Nintendo Switch Lite」に代表されるハードウェアも1,253万台をうりあげ、前年同期と比較して80.9%増を達成した。

これに伴い、任天堂では2021年3月期連結業績予測を上方修正している。

売上高は期初予測の1兆2,000億円から1兆4,000億円に、営業利益は期初の3,000億円から4,500億円に、純利益は期初の2,000億円から3,000億円に引き上げた。

「Nintendo Switch」についてはハードウェアの販売目標台数を1,900万台から2,400万台、ソフトウェアにおいては1億4,000万本から1億7,000万本に上方修正した。

 

なお今回発表された上方修正の数字は、過去最高であった2009年3月期の連結純利益である2,790億8,900万円を12年ぶりに上回る数字である。

Nintendo Switchがファミコン越え

また今回発表されたゲーム専用機販売実績の中に累計販売数量によると、Nintendo Switch本体の販売台数は全世界で6,830万台に達しているという。この数字はファミリーコンピューターの6,191万台を超えている。

好調なのは本体だけではない。ソフトにおいても、Nintendo Switchは4億5,649万本と、ファミリーコンピューターの5億1万本にたいして、約5,000万本差とすぐそこまで迫っている。

ほかにも任天堂ではヒットゲームを数多く発売しており、これまでのゲーム専用機販売実績においては、「ニンテンドーDS」本体の1億5,402万台、次いで「ゲームボーイ」本体の1億1,869万台、「Wii」本体の1億163万台と続いている。

今後も注目のタイトルが続々発売

任天堂の勢いは止まらない。10月には「ピクミン3 デラックス」、「マリオカート ライブ ホームサーキット」、「ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス」などの新規タイトルや追加コンテンツを発表しており、人気が出ている。

さらに11月には、1980年に発売された携帯ゲーム機の「ゲーム&ウオッチ」と「スーパーマリオブラザーズ」がコラボした製品である「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」を投入することが分かっている。

ほかにも2021年2月には「スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールド」のリリースも発表されており、引き続き積極的に新製品を展開していくと考えられている。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により巣ごもり需要の追い風を受けている任天堂だが、その需要の増加は経済の影響だけでなく、YouTubeやTwitterなどのSNSでの拡散の影響も大きい。

新型コロナウイルスの収束後も高い売り上げを維持できるかどうかにも注目が集まる。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました