ハイパーループ初、人間を乗せた実証実験に成功

Business

Virgin Hyperloop(以下:バージンハイパーループ)が、初めて人を乗せた運転の実証実験を実施した。

ハイパーループとはイーロン・マスクが提案した次世代の交通手段で、負圧化して空気抵抗を少なくしたチューブの中を非常に速い速度で走行する乗り物である。

今回は試験用に開発されたExperimental-Pod-2(XP-2)に乗客として搭乗した2名分の革張りのシートを設置して実験が行われたという。

バージンハイパーループの実証実験

11月8日に、ネバダ州ラスベガス郊外の砂漠にあるDevLoop施設にて、バージンハイパーループは初となる人員輸送テストを実施した。

テストでは500mの試験用チューブ内を15秒程度で走り切ったという。その間最高速度は107mph(約172km/h)に達した。

イーロン・マスクCEOが提唱しているハイパーループ構想においては、最高速度は1216km/hに達するとされているものの、500mという短距離ではそこまでの加速は難しかったとみられる。

現在ウェストバージニア州には、5億ドルという資金を投じてさらに長距離の試験チューブが建設されているさなかであり、長距離のチューブが完成すれば、乗客を乗せてのさらに高速な試験走行が可能になると考えられている。

 

旧型のHyperloop One時代に無人のプロトタイプポッドで300km/hを超える速度を記録したことを含め、バージンハイパーループはこれまでに400回以上も無人ポッドにて試験走行を繰り返してきた。

ポッドも将来的には磁気浮上式となり、真空化したチューブ内を高速走行するようになる計画だという。

搭乗場所と真空チューブの間のエアロックシステムについても同時に開発が進められている。

初となる実証実験に搭乗した2人

バージンハイパーループ初となる乗客を乗せた実証実験で初の乗客として搭乗したのは、バージンハイパーループのCTO Josh Giegel氏と顧客体験部門のリーダーSara Luchian氏の2名だ。

なお初の乗客には社内から40名もの搭乗希望者があったものの、Luchian氏は抽選によってその座を獲得したという。また初の乗客を乗せた実証実験となるため、万が一に備えて実験前に安全な脱出手順なども入念に確認作業が行われた。

 

実験に参加した2名は、初の搭乗を終えた感想を聞かれ、「スポーツカーの加速と大きくは変わらない」「思ったよりスムーズだった」とコメントし、安全性には問題がなかったことを強調した。

バージンハイパーループの今後

バージンハイパーループの重役の一人はメディア取材に対し、「この実験は我々にとって月面着陸と同様の意味を持つでき事である」と今後への期待を述べた。

またExperimental-Pod-2が乗客を乗せた状態で十分安全に走行できたことで、最終的な設計である28人乗りのリポッド実現にも目処が立ったといえるのではなかろうか。

本当に乗客を輸送できることが分かったことにより、世界の投資家が事業に興味を持ち、次の段階に向けた資金調達にもつながると考えられる。

 

ちなみにアメリカ運輸省は7月に、 ハイパーループが連邦鉄道局(FRA)の管轄による規制の枠組みに含まれるとの説明を記したガイダンス文書を発行したことも分かっている。

これはハイパーループが連邦政府の規制を受ける一方で、その路線建設に連邦政府からの助成金を得る資格を獲得したことを示している。

SNSの反応

今回の実証実験について、Twitterではさまざなま反応が見られた。

 

なお2020年現在、日本のリニアモーターカーは数十年かかってやっと2027年頃に商業運転を開業できるかという話をしている段階だが、2013年にイーロン・マスクが構想を語ったハイパーループは、そのころにはアメリカのどこかで開通しているかもしれない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました