ユニクロが人気シリーズ「+j」の発売を開始

Business

ユニクロとファッションデザイナーのジル・サンダー氏がコラボレーションしたユニクロの限定ブランド「+J」が6年ぶりに復活し11月13日から発売されている。

「+J」は前回のコラボレーションでも非常に人気が高く、そういったシリーズが6年ぶりに復活するとあってファンのからの期待が非常に高くなったため、13日午前には取扱店舗の前に長い行列ができ。店内が混雑したと騒然としていたという情報も相次いでいる。

またユニクロの公式サイトは朝からアクセスしにくい状況が続き、午後2時半になってもアクセスしにくい状況が続いていたという。なおユニクロのアプリも同様の状況だ。

大人気の「+J」とは

「+J」は、ジル・サンダー氏がコラボレーションして2009年から2011年まで展開していたユニクロのシリーズで、その後2014年に一度だけ復活している。

デザイン性の高さだけでなく手ごろな価格が人気を集める理由となった。

高い人気を博した「幻」のブランドが復活することが今年の8月にアナウンスされ、再びファンからの期待を集めていた。

今回発売される商品のラインナップは、ダウンコートやチェスターコート、ニット、カーディガン、パンツ、カットソーなど幅広く25種類だという。

 

11月13日には、これらの商品が全国のユニクロの中の48店舗とオンラインストアで販売開始された。

店舗では1人1商品につき各色1点、合計で5点まで、オンラインでは1人1商品につき1点までの購入に制限しているものの、店舗では長い行列ができ、オンラインストアはつながりにくい状況が続いている。

購入希望者が殺到し窓ガラスが割れたとの証言も

SNSではユニクロの店内の騒然とした様子が投稿されていた。

投稿された写真にはごった返す人の様子の奥に、服を着ていないマネキンの姿を確認できる。写真は13日の午前10時頃に名古屋市内の店舗で撮影されたという。

また店内はハンガーや商品が床に落ちていて多くの人に踏まれていたり、ガラスが割れて散乱していたりと非常に騒然としていた。

ユニクロのオンライン通販はアクセスしにくい状況に

「+J」シリーズの影響でユニクロ通販全体が利用しづらい状況が続いたため、「+J」シリーズのみならず通常商品を購入したい消費者もサイトにアクセスできない状態だった。

また「+J」シリーズは発売直後からフリマアプリの「メルカリ」に大量に出品されていた。ダウンコートやアウターといった出品が目立ち、ユニクロの店舗やオンラインストアで販売されている定価を上回る価格て取引されているという。

 

ユニクロの新商品は金曜日に発売される傾向があり、最近では「鬼滅の刃」コラボTシャツやユニクロ×米津玄師UTでも人気が殺到したために、ユニクロのWebサイトに繋がりにくくなったり、転売品が定価よりも高い価格でメルカリに大量に出品されたこともある。

今回は購入制限といった転売対策を講じていたものの、発売日の昼を過ぎてもユニクロのECサイトが利用しづらい状態が続いたことで、「+J」シリーズの人気の高さが現れる結果となった。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました