カプセルホテルのコワーキングスペース化戦略

Business

カプセルホテルは出張時や終電を逃したときの滞在先として重宝されているが、最近は安価で利用できるだけでなくサウナが併設されているなど、多彩なサービスも人気を集めている。

しかしながら新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、宿泊業界は苦境に立たされていることもまた事実。

中でもカプセルホテルは、与えられた小さなスペース以外は共用スペースであるため敬遠されてもおかしくはない環境ということもあり、厳しい状況に立たされている。

実際に2020年に大手カプセルホテルチェーンが破産申請に陥った例もあるほどだ。

カプセルホテルも変革が求められている

そんな逆境を逆手にとって、カプセルホテルの可能性を見出した施設が11月6日に東京都新宿にオープンした。

「パセラのコワーク新宿南口駅前店」だ。施設内は宿泊用のカプセルを上下に隔てる壁がなくなっており、壁の代わりに机といすが置かれている。

以前はビル全体をカプセルホテル「安心お宿新宿店」として営業していたものの、ビルの4階フロア部分を全てコワーキングスペースとして改装した。

フロアすべてを改装するという思い切った決断を下した「パセラのコワーク新宿南口駅前店」を運営する「サンザ」の担当者に、なぜカプセルホテルとコワーキングスペースに改装したかについて話を聞くと、背景にはやはり新型コロナウイルスの影響があるという。

 

担当者は次のように語っている。

「弊社はもともと「パセラのコワーク」というコワーキングスペースも運営していた。しかし新型コロナウイルスの影響もあり、宿泊施設の稼働状況が厳しかったために、カプセルホテルとコワーキングスペースの融合という新しいチャレンジができるのではと考え、改装を決断した。」

 

数字での回答はできないとしたものの、「安心お宿新宿店」は来館数や宿泊数が激減しているといっても過言ではない状況だという。

背景には新型コロナウイルスの影響で出張が減少したことや、インバウンドの利用者が激減したこと、さらにライブなどのイベントも軒並み中止になったことで宿泊者数に影響が出ている。

 

今回の改装では、カプセルホテルならではの上下の仕切りをなくし、2個のカプセルを1つのコワーキングスペースとして改装している。具体的には34個のカプセルを17席の個室のコワーキングに改装した。

テレビや空気清浄機といったカプセルホテルとしての設備はそのままにしてあるため、充実した環境が提供可能で、このほかにもスタッフルームだった個室を会議室として貸し出している。

個室での作業で集中力アップを訴求

カプセルホテルがコワーキングスペースになったメリットとして大浴場の利用が挙げられる。

施設内には大浴場が備えられており、カプセルホテルの宿泊者でなくとも、コワーキングスペースの利用者であれば500円で入浴でき、さらに仮眠スペースも設けられている。(カプセルホテルの宿泊者は大浴場の利用は無料)

施設の場所についてもJR新宿駅の近くと立地がいいため、急な会議にも役立てる点をアピールしている。

 

実際に改装してみると、コワーキングスペースの利用後に大浴場を利用するなど、今まで開拓できていなかった層の来店につながっているという。

来客数自体は激増しているわけではないものの、TwitterなどのSNSでの露出も増加しているため興味を持ってもらえているのではと、改装への反応を実感している。

 

利用者への訴求ポイントとしては、集中して作業できる点を挙げている。周囲に余計な情報がないため、隠れ家のような個室で作業ができ、集中して作業に取り組めると利用者からの反応もいい。

実際にカプセルホテルの名残である入口のロールカーテンを閉めることで個室感が出ることや、アラーム機能の付いたナイトパネルも好評だという。

ホテル側は、普段カプセルホテルを利用しない人でも、この機会に来店してもらえればというねらいを語った。

感染症への対策は万全に

施設側は感染症対策として、24時間巡回清掃をしているスタッフが、アルコール消毒を実施している。

一方で来店時の注意事項として、各階に設置されているアルコールでの手指の消毒や、館内でのマスクの着用、共用部を利用する際に3密を避けるなど、利用者にも感染症対策の協力を呼び掛けており、マスクを持っていない利用客へ無料でマスクの提供も行っている。

施設の担当者は「新宿店にて引き続き好評いただき、順調にお客様が増えていくようであれば、新橋や秋葉原といったほかの「安心お宿」の店舗でも同様にコワーキングスペースの導入を検討する考えだ。これからも新しいチャレンジを続けて進化していく。」と今後の展望について語った。

 

「パセラのコワーク新宿南口駅前店」は、営業時間9:00~24:00で、利用料金は1時間500円、1日3,000円だ。前述のように500円で大浴場の利用も可能だ。

不特定多数の人が訪れる宿泊施設のような場所は、コロナ禍において苦境を強いられているものの、サンザのように既存の施設の活用を考えていくべき時期がきているのかもしれない。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました