Googleが感染者数予測サービスを提供開始

Business

11月17日に米Googleは、8月にアメリカで公開した新型コロナウイルス感染予測サービスの「COVID-19 Public Forecasts」の日本版となる「COVID-19感染予測(日本版)」を公開した。

「COVID-19感染予測(日本版)」とは

「COVID-19感染予測(日本版)」とは、日本全国での新型コロナウイルスの感染に関する予測情報を都道府県別に提供するサービスである。

ダッシュボードにて、向こう4週間分に予測される死亡者数、陽性者数、入院・療養患者数などを示すという。

また医療機関や研究機関に向けて「Google Cloud Platform」で提供されているビックデータ解析プラットフォームの「BigQuery」やCSVファイルとしても提供する予定だ。

アメリカで公開されたオリジナルの「COVID-19 Public Forecasts」は、「Google Cloud AI」とアメリカの「Harvard Global Health Institute」が共同で開発した。

システムは、ジョンズホプキンス大学、Descartes Lab、米国国勢調査局などが一般公開しているデータを使用してトレーニングされており、今後もアップデートが続けられる。

 

なお「COVID-19 Public Forecasts」の予測モデルのローカライズにおいては、日本のデータセットのみを利用してトレーニングが行われた。

利用したのは「GitHub」や「BigQuery」などで一般公開されている「Googleコミュニティモビリティレポート」や「Covid-19 World Symptom Survey」、厚生労働省のオープンデータ、首相官邸の発表、国立感染研究所感染症情報センターのデータなどだ。

トレーニングデータに国内データを使うことで、予測結果に関して日本独自の状況が反映されるためである。

さらに予測モデルを特定の日付までトレーニングした後、実測値と同じ期間の予測値とを比較して制度検証を実施したところ、一般的な疫学コンパートメントモデルや、検証用のアメリカデータで充分な精度を示した簡易版モデルと比較して、精度が優れていることも確認されている。

日本版モデルの開発には、慶應義塾大学医療政策・管理学教室の宮田裕章教授が監修している。

政府が前提条件を確認へ

18日に加藤勝信官房長官が開いた記者会見では、この「COVID-19感染予測(日本版)」の提供開始について、「前提条件によって結果が大きく異なるため、厚生労働省が条件を聞くことにしている」ことを明らかにしている。

日本時間の17日現在、Googleが提供開始した「COVID-19感染予測(日本版)」では、日本全体で11月15日~12月12日までの4週間の陽性者数が累計で5万3,221人になると予測を公表している。

国内感染者数が過去最多に

18日には全国の新たな感染者数が、1日の感染者数としては最も多い2,100人を超えたことが明らかとなっている。

都道府県別では、大阪府で過去2番目に多い人数となる273人の感染者が確認されたほか、神奈川県では新たに226人の感染者を確認し過去最多となった。

さらに埼玉県では126人、静岡県では過去最多の87人の感染者があったことが確認された。

 

加藤官房長官は、国内の感染状況について「新規感染者数が過去最多となる日があるなど、極めて警戒すべき状況が続いている」と指摘している。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました