大阪市と札幌市「Go To トラベルキャンペーン」の対象外に

Business

赤羽一嘉国土交通相が24日の閣議決定の後に開いた記者会見にて、観光需要喚起策である「Go To トラベルキャンペーン」事業をめぐり、感染が大きく拡大している大阪市と札幌市の新規予約を一時停止する方針を表明した。

知事の正式表明を受けて決定したもので、期間は11月24日から12月15日の3週間で、期間中の既存予約も割引対象から除外される。

またキャンセル料に関しては、国が旅行者のキャンセル料を保証し、事業者にも取り消された旅行代金の35%を補助するという。

大阪市と札幌市への旅行、割引対象外へ

赤羽国交相が「苦渋の決断だ」と語った大阪市と札幌市の「Go To トラベルキャンペーン」対象除外は、北海道、大阪府の両知事からの正式表明を受けて関係閣僚で協議した結果正式に決定した。

「地方にとってはキャンペーンの停止は死活問題」とし、旅行者のキャンセル料全額に加え、事業者向けにも旅行代金の35%を補助すると発表している。

国の狙いは、キャンセル料を無料にすることで旅行を取りやめてもらい、新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むことにある。

なおキャンペーンを一時停止した地域に住む人がほかの地域に旅行に行く際には、引き続き事業の対象として割引が継続されるという。

「ステージ3」相当であれば「出発分」の停止も検討

さらに25日に新型コロナウイルス感染症対策分科会が発表した提言では、感染状況が2番目に深刻な「ステージ3相当」と判断された地域については、「Go To トラベルキャンペーン」を一時停止とし、その際には「出発分」に関しても停止を検討することが明らかとなった。

なお現在政府は、感染拡大地域を「目的地」とする旅行のみ一時停止の対象としている。

 

ステージ3相当の地域とそれ以外の地域との往来は、必要な感染症対策が行われていない場合にはなるべく控える必要性を指摘しており、ステージ3相当の地域では酒類を提供する飲食店の利用自粛を呼び掛けるなど、今後3週間の集中的な対応を求めている。

またすでにステージ3相当に該当しているにもかかわらず、「必要な対策がとられていない地域がある」との危機感も示した。

現在のステージ3相当の地域について、分科会の尾身茂会長は記者会見で、札幌市、東京23区、名古屋市、大阪市が該当していると述べている。

 

また提言によると、2週間の対策の効果については分科会などで評価し、不十分と判断された場合には、さらなる対策が行う必要があるとしている。

一方で政府側は分科会でステージ3相当だと考えられる地域を念頭に、都道府県知事がイベントの開催制限を全国の基準より厳しくできることについても周知し、具体的な検討を促す方針についても説明した。

また「Go To キャンペーン」に含まれる「Go To イベントキャンペーン」や「Go To 商店街キャンペーン」についても、対応を発表した。

「Yahoo!トラベル」では大阪市と札幌市の予約を停止

Yahoo!が運営する「Yahoo!トラベル」では、大阪市と札幌市を目的地とする旅行の「Go To トラベルキャンペーン」での予約を停止した。

新規予約のみならず、予約済みの旅行に関しても12月2日から12月15日までの予約は補助の対象外となる。なお、すでに予約済みの12月1日までの予約についてはキャンペーンの対象となるという。

 

宿泊のみの予約の場合は、大阪市や札幌市を目的地とする12月6日以降にチェックインする旅行においては、後から割引を適用できるようにする予定ではあるものの、現段階で事務局の対応は未定だ。

また適用外になった場合のキャンセル料の補填や免除がないことから、予約に際して注意を呼び掛けているほか、ダイナミックパッケージの「ヤフーパック」においては、後から割引を適用することはできないという。

 

キャンペーンの対象外となる予約の取り扱いに関しては、宿泊のみの場合、現地決済での予約は有効、オンラインカード決済の場合には8月6日午後3時頃までに予約した場合にはキャンセル、それ以降の予約は現地決済に変更される。

ヤフーパックの対応については、主催会社から個別にメールで連絡する。しかしながらいずれも補助の対象外となることから、補助額相当を上乗せして支払う必要がある。

なおキャンセル料の対応についても特定の条件を満たした場合にのみ免除され、ヤフーパックの利用者には個別にメールで連絡する。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました