タクシー業界で料金変動制の新制度が導入

Business

2020年11月26日、国土交通省がタクシーにおける「一括定額運賃」および「変動迎車料金」を導入し、11月30日より申請の受付を開始することを発表した。

タクシーの定額制とは

今回導入された制度のうち、「一括定額運賃」は、「定期券/回数券」と示されている。具体的にどういった運賃なのかについて、国土交通省の旅客課の担当者は次のように説明している。

例えば自宅から病院までというように予め区間を決め、決められた区間を複数回乗車した際の運賃を先払いすることができるようになる。

自宅から病院までの運賃が1,000円だと仮定した場合に、10回乗車することを想定して予め10,000円を一括で支払っておく、ということが回数券の概念だが、事業者の判断で一括で支払う際の運賃を割り引くことができるという。

 

一方で定期券は、期間や区間を予め決めておくことで、その期間に指定の区間を利用する際には乗り放題となる考え方である。

こちらも一括運賃の割引率や機関については事業所が独自に設定できるため、電車やバスの定期券のように、必ずしも1か月や3か月といった機関にならないこともあるという。

 

「回数券/定期券」に関しては、紙のチケットとスマートフォンなどのデジタルのチケットの両方を想定しており、制度としてどちらかが決められているわけでもない。

タクシー会社によって、導入が比較的簡単な紙チケットのようなアナログな方法から導入する可能性が高いと予測されるものの、今後は会社によって創意工夫が見られるのではと考えられている。

 

また定期券に特定の期間がないため、1日券のような非常に短期間の設定もできることになる。

国土交通省では定期券の効果として、通勤などの継続利用に便利であるほか、「MaaSにも資する」「ほかの交通モードとも連携した観光用フリーパスなども推進する」など、観光への活用を示唆することも挙げている。

※MaaSとは「Mobility as a Service」の略で、あらゆる輸送手段(モビリティ)を1つのサービスとして捉え利用者に提供するという概念

さまざまな交通や観光サービスを連携させたスマートフォンアプリも提供されていますが、こういったアプリもMaaSの一つだと考えられており、今後はこの一環としてタクシーの定期券や1日券を組み込むことも想定されている。

変動迎車料金について

今回発表された2つの制度のうち、もう一つの「変動迎車料金」については下記のように説明されている。

従来は深夜料金の設定は合ったものの、時間帯によってタクシーの値段が変動することはなかったものの、この制度が導入されることで、利用の多い時間帯に迎車料金を高くし、閑散時間帯に料金を低くすることが可能となる。

ウーバーなどのスマホアプリを通じた歯医者が普及したこともあり、朝の通勤時間帯や夜の帰宅ラッシュの時間帯、雨の日などタクシーがつかまりづらいという問題が起こっている。

こういった混雑しやすい時間帯に迎車料金を高くすることで、本当に必要な人がタクシーを利用しやすくなったり、14時や15時頃といった利用の少ない時間帯に料金を下げることで利用の促進につながると考えられている。

 

なおこの変動迎車料金は、アプリによる配車であっても、電話などによる配車であっても適用できるという。

新しい制度がタクシー業界を大きく変える

2020年現在、新型コロナウイルスの感染が拡大し、夜の外出が減少した一方で人との接触を避けるために通勤にタクシーを利用する人が増加していることが明らかとなっている。

タクシー業界からは、朝の方が忙しいといった声が聴かれており、そのために運転手のシフトを変更する動きもみられているという。

アプリ配車にも適用される変動迎車料金は、こういった状況に何かしらの形で影響を及ぼすかもしれない。

 

なお今回発表された制度については、各事業者が国へ申請し、国が審査、認定することで可能になる。審査機関はおおよそ1か月で、申請の受付が開始する11月30日に申請の受付を開始した場合には、早ければ1か月、つまり年末年始ごろから実際のサービスが始まると予測される。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました